2016年09月20日

幸せを感じれる力、「幸福力」とは、、、。

こないだの土曜日早朝のラジオ放送、
「なぜ生きる2」が、とてもよかった。

「死」、「病」、「老」、「別れ」と、
誰もが訪れることになる人間の4大苦について、
語られていた。

その中で、
「病気になれば、誰もが煩悩が減る」
というようなことを言っていた。

確かにそうなのかもしれない。

もし、いっぱいお金を持っていても、
誰もがうらやむ地位にあっても、病気であれば、
なかなか幸福を感じることはできない。

歩くこと、食べること、手、足を動かすこと、
呼吸すること、会話することなどなど、
呼吸困難で、食べることが出来ず、そんな状態で
高級ホテルに泊まり、最高のフレンチを出されて、
美女と食事しても、果たして楽しいと思えるだろうか。

6年前に亡くなったうちの伯母。

すい臓がんと肝臓がんを併発し、そのことを申告されてから
ちょうど一年後に亡くなった。

伯母が闘病しているときに、ある日、私のところに電話があった。
「便が出た、便が出た、黄色いウンチが出た」
と、大喜びで電話があった。

傍から見れば、おかしな話である。

毎日、当たり前のようにするものであるが、
一般的には「汚いモノ」。

誰もが嫌がるモノであるし、便が出たからといって
大喜びするようなものではない。

しかし、その当たり前の行為でも、もし体を壊し、
でなくなれば、どうだろうか。

伯母はまったく便が出なかったが、その時、
薬の投与で出るようになった。

周りをよく見れば、脳こうそくになり、片方の足、手が
動かない人もいる。

うちのオヤジなどは、長年、喘息に苦しみ、
ある日、夜中、息が出来なくなり、仏壇の前で
死を覚悟したという。

そういう人たちにとって、我々があたり前に思っている
「健康」って、どれほど幸福なことか。

あたり前の幸せって、本当に「あたり前」なのか?

水道をひねれば、飲めるほどのきれいな水が溢れ出る。

スパーへ行けば、食糧があふれかえっている。

世界的に見れば、どれほどの人が水不足で苦しんでいるのか。
どれほどの人が、飢えで苦しんでいるのか。

時代軸で見ても、これほど飽食の時代があっただろうか。

うちのオヤジの昔の思い出話は、そのほとんどが
「あれ食べた、これ食べた」というような話、、、。

それだけ、食べるということに執着が強かった。
逆に言えば、ハンバーガーもない、レストランもない、
兄弟姉妹も多かったうちのオヤジは、なかなか思う存分、
食べられなかったのだろう。

ある人が言っていたが、しあわせを感じる力、「幸福力」って、
人それぞれ違うと思う。

劣等感やコンプレックスというのは、確かに自身を動かす
原動力になると思う。

しかし、それだけではいずれ息詰まる。

周りに感謝できる、
何もかもつながっていると感じることができる,
何かに守られていると感じれることができるなど、
本当の自由とは、自身の幸福力が、自分を解放する
ことになるのでは、、、。

どんなにお金持ちでも、どんなに偉い人でも、
逆にそのことが、その人を苦しめることにもなりかねない。

やがては、すべてを置いて、魂一つで旅立つこの身の上。

本当に、それがいるのか?
本当に、そうあるべきなのか?
本当に、認めてもらう必要があるのか?

何のために生きるのか、もっとシンプルによくよく考えれば、
かなりすっきりし、本当の幸福感が味わえるような気がして
ならない。

より客観的に自分を見つめることができるのであれば、
まったく、世の中を見るモノサシが変わってくるような気がする。

posted by hide at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

世界中の誰もが認める「アメリカは、イスラム国を援護している」ということ!!

アメリカの有志連合が、シリア政府軍の空軍基地を四度も「誤爆」???

そのいわゆる「誤爆」が終了後、その七分後に
イスラム国のの部隊が地上でシリア政府軍に対する攻撃を開始、
これはもう、空と陸で連携しているとしか考えられない。

なんで四度も「誤爆」がありえるのか?

人工衛星も有し、最新鋭の装備も完備しているアメリカ軍というのは、
それほど劣化しているのか!?

ロシアが空爆を開始したら、たちまちのうちに
イスラム国が敗退し始めた。

以前から、アメリカ軍がイスラム国を空爆しているのにも関わらず、
逆にアメリカが空爆をするとイスラム国の勢力が拡大する。

実際、アメリカが支持をする穏健な反政府勢力というのが、
存在するのか?いや、シリア国内で存在できるのか?

自分の国で、故郷で、自分の家族が、奪略にあい、殺され、
強姦にもあう。そして、石油を盗掘される。

それも、イスラム国のほとんどの構成員は、凶暴な
外国人だ。

あなたが、シリア人で穏健な反政府勢力であったなら、
政府軍側として戦うのか?、それともイスラム国側で戦うのか?

シリア国内は、もうメチャクチャ、、、。

どっちにつこうか、なんてのんきに構えているほどの状況ではない。

実際のところ、イスラム国の兵士とは、雇われた傭兵だ。

誰に雇われたかって?それは、シリアがクチャクチャになれば、
喜ぶ人たち、、、。

この混乱のおかげで、欧州には、大量の難民が押し寄せる。

今、いったい、アメリカを誰が、何処の国が支持できるというのか?

こんなことを、アメリカはいつまで続けるのか?



posted by hide at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

背中で教える生き方とは、、、。

 瀬戸で働き始めて、すでに20年がが経つ。

最近、ある地元のお客さんに、自分が瀬戸出身ではなく、
「母国語は三河弁です」と言ったら、驚かれた。

「あんた、瀬戸の人かと思った。瀬戸弁丸出しだし、
なんか昔から、この辺におる人のようだ」
と、言われた。

私にとっては、とてもうれしいほめ言葉だ。

たしかに、意識して瀬戸弁を話すようにしてきたが、
今ではこちらの言葉のが普通に出てくる。

やはり、地元の人たちとよりよいコミニケーションをとろうと
思うと、地元の方言ってとても大事なような気がする。

何か話をするにしても、全く対応がスムーズにいく。

「地元に入れば、地元に染まれ」
これは、私も元上司に体で教わったこと。

私が高校を卒業して最初に入った会社に、東京近郊出身の常務さんがいた。

その人は、実質、その会社のトップ。

その常務さんは、自分は中日ファンだという。

しかし、どう考えても、典型的な巨人ファンタイプだ。

バリバリの中日ファンの私に合うと、
多分、その日の中日新聞のドラゴンズの記事を読んだことを
話してくる。

中日ファンなのだか、実際は「中日ドラゴンズファンの勉強中」
というような感じだった。

その常務さんは、いろいろ物知りで、本来ならもっと
気難しいタイプ。

常務さんと私とでは、歳も違うし、育った環境もまったく違う。

どうにか、若いモンとコミニケーションを取ろうと、
努力されているようだ。

トップである以上、大変厳しいことも、私らに言わなくてはならない。

しかし、それも日ごろ、本来なら気難しいタイプなのに、
毎日、毎日、私のことを探してまで、ドラゴンズの話をしに来てくれる。

その常務さんには、よく逆らった。

私の同期が常務さんに怒られたことで、頭にきて、その常務さんが住んでいる
社宅にまで押しかけて、文句を言いに行ったこともある。

そんなごたごたもありながら、当時、まったく甘ちゃんだった若造に
一生懸命、コミニケーションを図ろうとする常務さん。

今思えば、本当に頭が下がる。

その姿勢って、私の人生の中で、幾度も生かされてきた。

常務さんが、もし巨人ファンだとして、
「わしは巨人ファンだ。わしの前で中日の話などするな」
というような態度では、みんなの心をつかむこともできないし、
せっかく違う土地にきているのだから、地元のことを
学ぶこともあまりできないのではなかろうか。

常務さんにとって、当時、最優先することとは何だったのか?

自身の巨人ファンというアイデンティティーを主張することなのか?

それより、任された会社を上手く運営し、多くの社員を取り込みながら、
共に成長していく、そんな姿勢だったような気がする。

その常務さんは、「少数精鋭」を掲げ、全社員に、通信教育をやらせ、
いろんな免許を取るようにさせていた。

私などは、当時そのような勉強が嫌いで
「何で、高校出てまで勉強しなくてはならないんだ。
勉強が嫌で、就職したんだぞ〜」
というようなことを言って、反抗したものだ。

まったく、廻りが見えない甘ちゃんであった。

今では、その頃仕込まれた勉強癖のおかげで、どれほど
助かったいることか。

その常務さんは、数年ほど前亡くなられた。

その前に、手紙を書いた。

その当時、常務さんは、かなりの重病で、
それでも、返事が返ってきた。

ありがたいことだ。

常務さんは亡くなられたが、私の中で、常務さんの教え、
生きる姿勢というモノが、生きている。

そのように、常務さんから、私に、私も同じような気持ちで
生きていれば、誰かに影響を与えるのかもしれない。

さらにさかのぼれば、その常務さんにも、親がおり、
お世話になった上司、先輩の方々がいる。

それに、読書好きの常務さんなら、本からいろんなことを学んで
いるはずだ。

人間社会にとって、文字というのは、時代を超えて、
大きな影響を与えることになる。

何百年も前に生きていた親鸞さんや道元さんから、
多くの人が現代も影響を受けている。

そんな中に、常務さんも、私も、生きている。

そして、その人間社会の大きな大きな集団意識に強い影響を
受けながら、私という人格が形成されている。

つながっている、明らかに大きなモノにすべての人が
つながっている。

そういう認識って、今後、とても大事になってくるように思う。
posted by hide at 07:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

信繁殿、本当の「正義」とは何なのか?

 大河ドラマ「真田丸」、今、ちょうどこれから関ケ原というところで、
一番見どころがあるところではなかろうか。

そんな中で、兄、信幸とのやり取りで、
信幸が信繁に
「もし、豊臣が勝ったら、どんな世の中になるんだ?」
ということを迫る。

信繁が
「石田様が、秀頼様を中心に、安定した社会を築いてくれます」
と、ちょっと、言葉は違うかもしれないが、こんなような
表現であった。

豊臣につくのか、徳川につくのか、もし「正義」を語るのなら、
どちらが勝った方が、世の為になるのか?

豊臣家を中心に見た場合では、もちろん「豊臣の世」を
継続したいと思うから、断然西軍だ。

しかし、よくよく考えてもらいたい。

もし、西軍が勝っていたらどうなっていたのだろうか?

まず、総大将毛利氏は、120万石から、200万石くらいに加増。
上杉氏も、それぐらいになるだろう。
宇喜多、島津、小早川は、100万石を超えるであろう。

三成でも、豊臣政権で発言力を拡大するには、
100万石ぐらいの大名でなくてはならないであろう。

これほど、大大名が多数できれば、また戦国の世に戻るのは、
誰が見てもわかる。

なぜ戦国時代が起こったのか。

それは、大大名が各自勝手なことをやり、統制がつかなくなってきた。

戦国の世を勝ち抜いてきた毛利や上杉など、
もし200万石もの大大名になれば、それこそ、
ほぼ独立国のようにふるまうであろう。

それに、秀頼は幼子、淀の方はどう考えても、分別が足りないと
言わざるおうえない。

こんな状態で、戦国大名たちを束ねることなど、できやしない。

豊臣集団の大きな特徴というのは、著しい上昇志向集団だ。

日本には、今後奪えるパイはない。

海外遠征も失敗した。

今からは、戦いで生きてきた人のリストラの時代が始まる。

そのことこそ、戦国の世から、安定した時代の一番の
重要課題となるであろう。

そんな時に、安定した政権がなくては、どうにも収まらない。

それに、今、江戸時代の価値というモノが、大きく見直されている。

たとえば、戦国時代、戦いに駆り出された百姓や下人に、
どのように恩給を与えたかというと、征服した地域の
奪略、乱取りだ。

せっかく、それに老若男女問わずに、生け捕りにして、
奴隷として海外に売り渡された人数が、数十万ににも及ぶという。

海外でもそれは当たり前であり、今でも、そのような
感覚が抜け切れない。

そのような雰囲気を大きく変えたのが、成熟した徳川260年だ。

思想、宗教、哲学、日本独特の文化が発展し、
モノも徹底して使いこなす高度なリサイクル・リユース国家となった
日本人。

そのルーツは、やはり江戸期に成熟したといえる。

急成長した豊臣財閥では、その根本的な性質から、
戦争が辞められるのだろうか?

石田三成でさえ、4万石だった時に、島左近に
2万石与えて家臣に迎えている。

つまり、秀吉が必ず加増してくれると、
信じているからだ。

しかし、もう日本には、パイがない。

パイを作るには、国内の戦争を継続するしかない。

そんなことでは、いつまでたっても世が収まらない。

江戸時代の価値、それを考えたうえで、我々日本人は、
そこから、どれほどいろんなことを享受していることか。

そう思うと、関ヶ原とは、ただその時の支配体制が変わるだけでなく、
大きな大きな影響を我々日本人に与えたといえる。

posted by hide at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする