2017年03月18日

占守島の戦い、三ヶ根山の英霊達、、、。その壮絶な日本の歴史を振り返る、、、。


先日の日曜日、愛知県の三ヶ根山に行ってきた。

そこに、戦争で亡くなった方々祀られているということを聞いて、
さっそく行ってみた。


IMG_2575.JPG


この慰霊碑、、、。

占守島の戦いって、ご存じだろうか。

太平洋戦争が終結した日といえば、昭和20年(1945)8月15日,,,.

しかし、その二日後にあたる8月17日に、占守島という島で、ソ連と
日本の壮絶なる戦いがあった。

占守島とは、択捉島、色丹島、歯舞群島、国後島の「北方四島」が属する
北千島列島の北東端の島で、終戦の混乱に乗じて、日本の北方の領土、
そして北海道まで奪い取るというスターリンの思惑があったようだ。

ドイツ、朝鮮半島をみれはわかるように、もし北海道までソ連に取られていたら、
日本人民共和国、北日本民主共和国のような国ができ、日本を二分するような
時代が続いた可能性があった。

占守島を守っていた兵隊たちは、8月15日の玉音放送後、「これで故郷に帰れる」
「久しぶりに、家族の顔を見ることが出来る」安堵していた頃、ソ連軍が
占守島に侵攻、、、。

このまま黙って降伏するのか、それとも戦うのか、
大きな選択に迫られた。

上の三ヶ根山に祀られている士魂碑は、その占守島の戦いで大活躍した
戦車第十一連隊は、「十一」を合わせて「士」、通称「士魂部隊」と呼ばれた精鋭部隊で、
「戦車隊の神様」と言われた池田末男大佐が指揮していた。

池田大佐は、自らの部下たちの前で、

「諸氏は今、赤穂浪士となり、恥を忍んでも将来に仇を奉ぜんとするか、
あるいは白虎隊となり、玉砕もって民族の防波堤となり、後世の歴史に
問わんとするか!?赤穂浪士たらんとする者は、一歩前に出よ。
白虎隊たらんとするものは手を挙げよ!」


と、問いかけたところ、

全員が、喚声と共に即座に手を挙げた。

池田大佐は、先頭に立って敵陣に突撃し、戦闘中に敵の戦車砲に
よって戦死なされた。

本来ならば、一日で落ちると思われていた占守島に
かなりの時間を費やし、その間にアメリカ軍が北海道に
入ってしまったので、ソ連軍は北海道まで到達することが
出来なかった。

この激闘で、日本軍の死傷者は700〜800名におよび、
ソ連軍は3000名以上の死傷者を出したとのこと。

ソ連軍の侵攻地における略奪、破壊はすさまじいものがあり、
特に女性に対する陵辱は陰惨を極めた。ベルリンや満州では地獄絵図が
繰り広げられた。この占守島にも、缶詰工場で働く約400人の若い
女子工員がいた。戦闘のさなか、占守島司令部隊は、島にあった独航船
20数隻に女性を乗せることにした。戦闘を終了したソ連兵が血眼に
なって女性を探したが、女性達は無事に北海道に着いた後だった。


IMG_2575.JPG


この三ヶ根山の士魂碑の前に立つと、素直に両手を合わせて
「ありがとう、ございます」という気持ちになる。

降伏を決めた8月15日以降に、、占守島、樺太における対ソビエト軍への
戦闘を指揮し占守島の戦いではソ連軍千島侵攻部隊に痛撃を与え、
防衛戦に勝利した樋口季一郎中将。そのため極東国際軍事裁判に際し、
スターリンは当時軍人として札幌に在住していた樋口を「戦犯」に指名した。
世界ユダヤ人会議はいち早くこの動きを察知して、世界中のユダヤ人
コミュニティーを動かし、在欧米のユダヤ人金融家によるロビー活動も始まった。
世界的な規模で樋口救出運動が展開された結果、ダグラス・マッカーサーは
ソ連からの引き渡し要求を拒否、樋口の身柄を保護したとのこと。

では、なぜユダヤ人が、この樋口中将を助けたのか?

http://rekisi.amjt.net/?p=4744

そのあたりのことが、この上の記事に載っている。

オトポール事件


1938年3月、満州国と国境を接したソ連領のオトポールに、ドイツの迫害から
逃れてきたおよそ2万人のユダヤ人難民が、極寒の吹雪の中で立往生し
凍死しようとしていた。
これらのユダヤ人たちは、ソ連政府によってビロビジャンに強制入植させら
れた人たちで、過酷なビロビジャンから逃れ、満州国を経由して上海へ脱出し
ようと考え、オトポールまで逃れてきたのであるが、ドイツに遠慮した満州国が
入国を拒否したため、極寒の中、食糧がつき凍死寸前の難民たちは前へ進む
こともできず、そうかといって退くこともできなかったのである。
当時、満州国のハルビン特務機関長を務めていた樋口季一郎のところに、
ハルビンのユダヤ人協会会長・カウフマン博士が飛んできて、同胞の窮状を訴えた。 
しかし、満州国外務部(外務省)を飛び越えて、独断でユダヤ人を受け入れるのは、
明らかな職務権限逸脱であった。
が、樋口季一郎は自分の判断で、ユダヤ難民全員を受け入れることを認めた。
この、樋口季一郎少将のユダヤ人救出に 「まさに 八紘一宇(はっこういちう)
である」 として許可を出し外務部とドイツを説き伏せたのは、
東條英機 関東軍参謀長(当時)。
ドイツ外務省は日本政府に対し、大量のユダヤ人難民を満州国へ入れたことへの
強硬な抗議を行った。 この抗議は東京から新京の関東軍司令部にすぐ伝えられたが、
東條英機中将(当時)は、「当然なる人道上の配慮によって行ったものだ」として
一蹴したのである。救援のための列車を動かしたのは、当時の満鉄総裁 松岡洋右
(戦後、A級戦犯として公判中に病死) の判断であった。
日本のシンドラーとして有名になった杉原千畝が「生命のビザ」を6,000枚発行する
2年前に、樋口季一郎少将と松岡洋右、東條英機 によってユダヤ難民が救われていた。
この流れがあったからこそ杉原千畝はビザの発行ができたわけです。



IMG_2621.JPG


IMG_2622.JPG


IMG_2599.JPG


この三ヶ根山には、東京裁判でA級戦犯として処刑された
東條さんら七名の方が祀られている。

彼らは、むしろ、永遠に汚名が引き継がれる世界の極悪人を
引き受けた人たちではななかろうか、、、。

戦争に負けた、、、。

誰かが裁かれなくてはならない。

そんな中でもA級戦犯として、刑場に上がった人々、、、。

IMG_2599.JPG

この慰霊碑の前で、深々と頭が下がるのは、私だけなのだろうか、、、。

薩摩の知覧特攻記念館にいった時もそう。


105-0514_IMG.JPG


104-0493_IMG.JPG


二十歳前後の若者が、大きな爆弾を抱えて、
沖縄方面に向かう、、、。

確かに、「彼らは洗脳されていたから、
その洗脳をした軍部が悪い」
というような意見をよく耳にするが、
ただそれだけみるには、あまりにも了見が狭いように思う。

歴史とは、[his-story」であり、勝った方のものである。

日本の歴史、地形、風土、文化、思想、気候
あらゆる観点から見て、「強固な共同体」存在し、
そこから生まれる「仲間意識」というのは、かなり強いものが
あったはずだ。

「仲間を信じられるか」どうかで、自分よりも大事に
思える共同体が生まれると、私は思える。

ある戦争の生き残りの人と話した時に、私が
「死ぬのは怖くなかったんですか?」
と、たずねると、

「そんなことを言っておれる場合ではない。
我々の世代で何とかしなくてはならない、という
気持ちが強かった」

と、、、。

そんな思いがこもった郷土であるこの日本、、、。

ただ、日々の欲望を満たすだけの人生でいいのか、、、。

見ざる、聞かざる、言わざるを貫いているだけの
人生でいいのか、、、。

この日本という国、日本という社会は、
多くの先人たちの結晶であり、
その日本を次世代に引き継がせていかなくてはならない。

うちの会社の会長さん、、、。

94歳であり、元陸軍少尉であり、22才で終戦を朝鮮で迎えられた。

会長の同級生の半分が戦死しておられ、
一番被害が大きかった世代である。

会長は、アメリカの悪も、中国の悪もいうが、
それでも最終的には、
「戦争は絶対やってはならない」
と語る。

そして、こないだ安保法案が国会で通過したとき、
いきなり
「わしゃ〜、自民党をやめる!!」
と言って本当に自民党員をやめてしまった。

地元では、自民党支持者の大物である。

この100年の世界の戦争を振り返れば、そのほとんどが
石油などのエネルギー資源の奪い、、、。

なぜ、中東で戦争が止まらないのか、、、。

なぜ、日本があのような無謀な戦争に突入しなければ
ならなかったのか、、、。

昭和天皇は、
「あの戦争は、石油で始まって、石油で終わった」
と、語られている。

ただ、戦争反対を唱えているだけでは、戦争は止まらない。

戦争を極力少なくする方法とは、なんなのか、
よくよく考える必要があるのでは、、、。

日本のために、そして我々のために、多くの人々が
命をかけてくれた現実、、、。

はたして、次の世代のために、われわれは何をするべきなのか、、、。




posted by hide at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする