2017年04月22日

「楽しみとは、苦しみと苦しみの間にあるもの。苦しみとは、楽しみが古くなったもの」、、、。今日のなぜ生きる2よかった!

欲望って、どういうモノなのか?

例えば、喉がカラカラに乾いたときに飲むビールというモノは、
格別だ。

しかし、朝から飲む人もいる。

その人にとってのコップ一杯のビールというのは、
まるで水のようなもの。

同じものを飲んでも、まったくその状況によって、
そこから得られる快感というモノが違ってくる。

始めて、自転車に乗れた時の感動を覚えていますか?

始めて、バイクの免許を取って、ツーリングに行った時の感動を覚えていますか?

始めて、車の免許を取って、ドライブに行った時の感動を覚えていますか?

感動とは、一瞬である。

時が経てば、それが当たり前となり、感動などどこかへ消えてなくなり、
何かに対する不満、不安が心の中に渦巻く。

感動、楽しさ、快楽とは、苦しみと苦しみの谷間にあるもの。

欲には、切がなく、当たり前となった現実だけでは、
満足できなくなる。

「もっと上へ、もっと上へ」と、、、。

しかし、上へ行けば行くほど、競争が激しくなる。

やらなければやられてしまう。

多分、上を上り詰めたいという欲望よりも、
恐怖との戦いとなる。

ジュニアバンタム級世界チャンピオンになったボクシングの鬼塚勝也選手が
こんなことを語っていた。

 少年の頃、世界チャンピオンはスーパーマンみたいな存在やと思ってきた。
俺にとっては神様に近い存在ですよね。凡人の俺が、そんな凄い場所に
辿りつくことができたら、いったいどんな凄い人間になれるんだろう。
そのことだけを励みにここまで頑張ってきました。
しかし、試合に勝ってはみたものの、あるはずのものが何もないんです。
「エッ、何なのこれ?なんで、何もないんや?」
「いや、次勝てばきっと何かが得られる」
そう信じて、次から次へと試合を積み重ねていきました。だけど何も残らない。
試合が終わった夜は、生き残れた実感と自分が探し求めたものが何もなかったと
いう寂しさで発狂しそうになりました。俺は常に素直に飛び跳ねる自分で
おりたいのに、充足感がないから、「何でや?」という思いばかりが
虚しく深まっていく。最後の試合までずっとその繰り返しでした。
  (『週刊文春』平成6年11月)


世界の頂点を極めても「充足感」がない。

人間とは、いつになったら「満たされる」というような
感覚になるのであろうか。

到達した時点で一時の達成感、、、。
そして、そのあとの猛烈な恐怖と不安、、、。

「世界チャンピオンは、スーパーマン」、、、、。
「世界チャンピオンは、神さまに近い状態」、、、、。

そのような自分が抱いてたイメージとはかけはなれ、
充実感などなく、次なる恐怖と不安を抱えなくてはならい。

上へ上がって何をするのか?

ただ噂話の中の価値観だけでは、どう考えても、
苦しくなる。

それよりも持続可能な幸福感とは、何なのか?

どんな場面でも、どんな状況でも楽しめる自分を作るには、、、。




posted by hide at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

サダム・フセインの「大量破壊兵器」、、、。そしてアサドの「化学兵器」、、、。

アメリカの戦争とは、、、。

アメリカの正義とは、、、。

https://www.youtube.com/watch?v=Zub_W25PCS8


どうか、一度この動画をご覧下さい。
posted by hide at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

米国の暴挙、、、。アメリカは必ず煮詰まっていく、、、。

 単純な話し、アサド政権を支持するのか?、それともイスラム国を支持するのか?

これだけ、世界中でテロが活発化している中で、
地上戦で唯一イスラム国と戦っているアサド・シリア政府軍を攻撃するとは、、、。

単純に考えれば、誰でも分かる話、、、。

米国がテロリストたちを支援していることは、
もう公然とした事実、、、。

米国は、はるかに深刻な病魔に冒されているということが
読み取れる、、、。

戦争をしないと自国が持たない、、。

中東の覇権が怪しくなるということは、
張子の虎がくずれる、、、。

時代の大きな流れを見ていると、米国的なやりかたでは、
どう考えても、今後、煮詰まっていくであろう、、、。

それに、その時代に与えられる「運」というものが、
確実にある。

そして、衰退していく側には、確実に「不運」というものが、
与えられる。

プーチン氏いわく
「最後に勝つのは、理性だ」
と、、、。

今、多くの人が、理性を取り戻しつつあるのでは、、、。

posted by hide at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

幸せのパターン、、、。

 先日、家族で焼肉を食べに行った。

相変わらず、オヤジはそのほとんどが、
愛犬パンチの話、、、。

だいぶ認知症が進んでいるが、食事をしていても、
10分に一度ぐらい
「パンチに餌はやったか?」
と、聞いてくる。

これも、毎日、毎日のこと。

母は母で、日常のことを面白可笑しく話す、、、。

何度も聞いた話もあるが、大体落ちは見えているのであるが、
本人が気持ちよくはなしているので、ただ聞いている。

特にありふれた日常のことであるが、ふと考えてみれば、
10年後、このように家族で、食事に出かけることができるのだろうか?

オヤジは、その頃90歳になる。

オフクロにしても、その頃は80代中盤だ。

愛犬パンチも、今12才なので、10年後は、
この世にいないであろう。

今、このような日常のたわいもない話を家族とできる。

もしかしたら、とても幸せなことなのかもしれない。

家族がいる、健康な体、、、。

それだけで、十分おつりがくるぐらい幸せなのかもしれない。

実は、あるデーターによると、「ありがとう」という言葉をいう人ほど、
「幸福感」を感じているとのこと。

逆に、あれが足らないこれが足らない、不幸だ、不幸だと
常に言っている人というのは、幸福感というのは味わえないのかもしれない。

成功していないと幸せにはなれないのだろうか?

もしかしたら、世の中を見る、あなたのメガネのレンズを変えてみると、
まったく違って見えるのではなかろうか、、。

毎日、毎日自分を責め続ける人、、、。

他人との背競べのみに、執着する人、、、。

見栄、張ったり、、、その虚像って、けっこう家賃が高くない、、、?

「頭がいい」キャラでい続けるよりも、自分のことを馬鹿だと
思い込めば、行動範囲が広がるのでは、、、。

他人の噂話の中で生きていれば、どうしても虚像を作らなくてはならなくなる。

斎藤一人さんがこんなことを言っていた
「すごいやつは、昨日の自分と比較できる人。
ダメなやつは、すごい人と自分を比較する」
と、、、。

例えば、ライバルがいるとする。

そのライバルとの、競争心むき出しにしているよりも、
相手のすごいところを素直に認める。

そして、そこを自分に取り入れる。

その方のが、自分にとっては、メリットが高いのでは、、、。

ありのままの自分を受け入れる、、、。

他人の噂話に、自分を身を置いて、良いだの悪いだの言っていれば、
いつまでたっても、そこから抜け出せなくなる。

たとえば、散らかっていた自分の机の上の整理した、、、。

今日は、本をここまで読んだ、、、。

いつも挨拶する人に、今日はより明るく大きな声で言えることができた。

そんな、日常の小さなこと、自分の意識を集中する、昨日の自分と比較して、
少しだが成長したのではなかろうか。

そのようなことを10年、20年とやり続ければ、
まったく人生変わってくる。

誰が認めてくれるわけでもない。

しかし、あなた自身が認めて認めてやればいい。

等身大の自分でいれば、視界が広がる、感謝ができる。

ありのままの自分でいれば、他人と本音で話すことができる。

そうなれば、必ず「運」もついてくる。

今までの思考パターンを変えるということは、不安なことあり、
時には恐怖を感じる。

そんな時、役立つのが昔からの思考パターンである
心に神を持つこと。

つまり、信仰だ。

宗教なんて言うと引く人がいることは十分承知の上で語る。

有史以来、人間は何らかの神を持ってきた。

確かに、戦争の道具にされたり、金儲けの道具にされたことも多い。

しかし、全部を否定することももったいない。

不安に思ったとき、氏神さんがついている、
近くのお地蔵さんが守っていてくれている。

誰もわかってくれなくても、あなたをいつもかわいがってくれた
亡くなったおじいさん、おばあさんがあなたをいつも見ていてくれる。

高い月謝を払って、新興宗教に染まることもない。

身近な氏神さん、通勤途中にいつもこちらを見守っていてくれるお地蔵さん、
そして身近な親族、そんな方々の方が、より親近感がわき、
自分を守っていてくれると、感じるのではなかろうか。

常に不足しているモノに、意識を集中するのか、
それとも今あるモノに、ありがたみを感じるのか、

それによって、まったく違った見方ができる。

禅的な思想であるが、足るを知ることこそ、しあわせへの道、、、。

また、常に何かに、不安を抱いているよりも、浄土系の思想である、
「何かがあなたを守ってくれている、もうすべて任せてしまいなよ〜」
と、このような思想も幸せをもたらすのかもしれない。

否定され続けた宗教ではなるが、十分役に立てることもできる。

それらも含めて、あなた次第だ。


posted by hide at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

エジソンの名言「失敗ではない。うまくいかない方法を一万通り発見しただけだ」、、、。

エジソンの名言に、こんなモノがあるという

「失敗ではない。うまくいかない方法を一万通り発見しただけだ」
と、、、。

うちの94歳になる会長さん。

かなりの高齢であるが、今、一緒に実験の仕事をしている。

つい最近、あることにチャレンジして失敗してしまった。

その時の会長の一言
「失敗も非常い大事なんじゃよ。それでやれないということが分かるんだから」
と、同じようなことをいう。

このように実験に携わった人でなくても、けっこう成功者って
同じようなことをいう。

失敗って、ショックだよね〜。

また、みんなの批判を浴び、冷や汗モンだよね。

しかし、もし、それをやらなかった自分と、やった自分では
その後、どうなっていくのだろうか。

成功という果実ばかり味わっている人の将来とは、、、。

恥をかくことを恐れ、教科書通りのことしかできない人というのは、、、。

その時、その時というのは、人生において小さなことなのかもしれない。

しかし、それが10年、20年とたってしまったら、どうなるだろうか。

「やれないということが分かる」ということは、モノの分別がつくということ。

つまり、何かを判断するうえで、貴重な体験になるということ。

人間って、朝起きてから夜寝るまで1億回以上の判断をするという。

また人生において、大事なことを決断しなくてはならない時がある。

そんな時、周りの人は相談には乗ってくれるだろうが、
最終的には自分の決断しなくてはならない。

失敗から学ぶことって、とても多い。

本質を見極める力というのは、失敗から学ぶことの方が多い。

さあ〜、また、目の前の試練から逃げるのか。

決断を他人任せにするのか。

ある人が言っていたが、
「人生とは知恵と忍耐を学ぶためにある」
と、、、。

そのように、学ぶために神様が用意していくれた
プログラムがそれぞれに組んであるとのこと。

深い言葉だね〜。


posted by hide at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする