2011年07月28日

石川知裕さんを救え!

 振り返ってみれば、
この「陸山会事件」というのは、
杜撰極まりない。

まったくデタラメな作られた
ストーリーであり、お粗末そのモノ。

今回の原発の管理でも
分かるように、緩みきった
官僚体質そのものを顕わしている
ようだ。

もし、ちゃんとした会計士さんが、
この陸山会の収支報告書を
2004年から2007まで、
順を追って見れば、
「何でこれが虚偽記載なのか?」
と、困惑するであろう。

その陸山会の収支報告書が、
絶対無実の証拠であり、
検察だろうと、裁判所だろうと
誰にも動かすことができない。

実際に、石川さんも
「会計士の先生の指示にそって
収支報告書を作成した

と語っておられ、
大変優秀な会計士さんであると
推測できる。

また、選挙を管理する
総務省でも「問題ない」
と、言っているとのこと。

さらに石川さんの録音により、
検察のデタラメをさらけ出してしまった。

こんなにも真っ白なのに、
どうも石川さんは有罪にされる
可能性があるという。

さらに小沢さんについても、
いつになったら裁判が終わり、
自由の身になるというのか?

9月から裁判が始まり、
たとえ「無罪」であろうとも、
地裁、最高裁へと進むであろう。

インターネット上では
「小沢側の勝利」のようなことが
多く書かれているが、
現状を冷静に見つめれば、
裁判を止めさせない限り、
既得権益側の勝利になるのでは
なかろうか。

無駄に費やした時間は
取り返しが付かない。

この時期、一年、二年
無駄に浪費することが
どれほど、日本に損害を
与えることか。

この大変な国難に対して、
有能な政治家をこんなくだらない裁判で、
手枷足枷をかけ続けたこと、
後生の歴史において、
なんと語られるのだろうか。

もう検察のデタラメが知れ渡って
しまった以上、一刻も早く、
こんな茶番な裁判も止めさせ
なくてはならない。

そして、本当に実力のある政治家を
しっかりとした地位につけ、
この国難にあたらせる。

石川さんが「有罪」なんて
とんでもない話だ。

決死の覚悟で、
検察に立ち向かった
勇敢な若い政治家を
葬り去るのか。

あのレコダーでの録音が
どれほど、小沢さんを救い、
そして日本の未来に希望を
つないだことか。

もし、日本が小沢さんの手によって
うまくこの難局を乗り越えられれば、
石川さんの行為は
歴史の教科書に載ってもよいくらいだ。

石川さんが小沢さんに仕えた時期というのは、
小沢さんが政治家として、
大変な谷底の時代。

与党でもない。

落ち目の小党党首か、
はたまた野党の一兵卒の時代だ。

その時代、多くの側近が
小沢さんの元から去った。

マスコミには、リンチのように
叩かれ続け、
「もう小沢はおしまいだ」
と言われ続けた時代に
石川さんは仕えつづけた。

ある元秘書などは、この時期に
小沢さんの元から離れ、
小沢さんの選挙区から
対抗馬として立候補した。

また、ある元秘書の国会議員も、
小沢さんが一番落ち目だった
自由党分裂の時に、
保守党に移っていった。

誰もが自分の身はかわいいモノだ。

そんな人たちを責めるつもりはないが、
そんな環境の中で、
しっかりと信念がなければ、
小沢さんに仕え続けるというのは、
並大抵のことではない。

今回の検察の仕打ちに関して、
普通の人なら気が狂うであろう。

石川さん自身、自殺をも考えたそうだ。

時には、検察から甘い誘惑も
あっただろう。

しかし、根を上げない。

そして、裁判も
最後までやり続けた。

これがどれほど大変なことか。

こんな政治家を見殺しにしても
よいのだろうか。

我々国民は、国民のため
勇敢に戦い続けている人間を
救わなくてはならないのでは
なかろうか。

そして、石川さんを救うことが
世間に対して
「国民はしっかりと見ている
という
我々の意思表示につながる。

欺瞞に満ちた世の中で、
少しでも正しさを取り戻すには、
ちゃんとした政治家を守ること。

そして、石川さんを支援することによって、
石川さん自身に
「しっかり国民がついている」
ということを、強く理解させたい。

さらに信念を通して生き続ければ、
お天道さんも見放さないし
強い絆で結ばれた支持者を得ることができることを、
肌で感じてもらいたい。

石川さんも裁判費用捻出にも
大変苦しいるらしい。

石川さんのホームページを見ると
裁判費用のカンパの募集していた。

小銭であるが、さっそく
カンパしてみることにした。

さらに、大変な恐怖に
勇敢に立ち向かった
石川知裕という政治家を、
いろんなところで
語り継ぎたいと思う。

どうか、皆さん
石川さんを救って下さい。
posted by hide at 19:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 小沢一郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
政局だけの国会も共犯である。

「地位協定アメポチ国家による棄民テロ犯罪」
2011.07.27 国の原発対応に満身の怒り - 児玉龍彦
http://www.youtube.com/watch?v=O9sTLQSZfwo

とにかく菅を緊急逮捕するべし。霞ヶ関を逮捕機能凍結せよ。
国策で全力で福一を緊急石棺化するべし。

財源は対米政府予算全額振り替えと米国債売却で作れ。
Posted by 通りがけ at 2011年07月29日 06:15
こちらのほうがよくまとめてあります。
>「「放射線の健康への影響」児玉龍彦氏(内容完全書き出し)衆議院厚生労働委員会7/27」◇『みんな楽しくHappy♡がいい♪』さま
>>http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-626.html 

児玉提言の語られなかった4つめは、「福一の緊急石棺化」である。日本の優れた民間土木技術を結集すれば被曝を最小限に抑えつつ石棺化することも技術的には容易であるから。
Posted by 通りがけ at 2011年07月29日 13:28
大人の外部被曝内部被曝でもっとも危険な部位は単鎖DNA生殖細胞である。

>内部被曝というものの一番大きな問題は癌です。・・・(中略)・・・
>さらに大人においても増殖が盛んな細胞、たとえば放射性物質を与えると、
>髪の毛、それから貧血、それから腸管上皮、これらはいずれも増殖分裂が
>盛んな細胞でして、そういうところが放射線障害のイロハになります。

内部被曝の癌発生だけではなく、放射線被曝にはもっと大きな根源的問題がある。

大人というのは生物学的には成熟して生殖能力獲得した個体のことをいう。生殖腺が卵細胞(単鎖DNA)、精細胞(単鎖DNA)を産生し始めたら成熟体となる。
この生殖細胞はいずれも単鎖DNAしか持っていないので内部被曝に限らず外部被曝でも放射線を浴びると常に修復不能なDNA切断を生じることになる。
この障害DNAを持つ生殖細胞が受精すると受精細胞の分裂増殖が阻害されることは容易に推測できる。チェルノブイリでの流産率や奇形児出産率の高さが証明するとおりである。

子供は国の宝である。

ゆえに、除染と並行して直ちに福一を石棺化して放射性核物質の大気中放出を可及的速やかに停止させる作業の達成が、現在わが国において最大緊急課題となる。

参考:
>【写真画像】チェルノブイリの放射能の影響を受け生まれてきた子供たち映像動画【奇形児】(日々雑感さま)
>>http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/45993241.html
>被曝した妊婦の奇形児発生率4倍以上。特に「水頭症」…チェルノブイリ小児病棟〜5年目の報告〜【動画&文字おこし5・最終回】(ざまあみやがれいさま)
>>http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65742791.html
Posted by 通りがけ at 2011年07月31日 07:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック