2011年07月31日

「エネルギー」とは?「社会」とは?「人間」とは?

 「安全、安全」と言い続けられてきた
原発が、あのような悲惨な事故に
なってしまった。

地震、津波、噴火、台風、洪水、土砂崩れなどなど
日本は天災のデパートである。

そんな日本に、
原発は50基以上存在するという。

さらに、原発は

「トイレのないマンション」
と、言われている。

何万年と放射能を出し続ける
原発から排出される「核のゴミ」は
いったい誰が引き取ってくれる
というのだろうか。


福島第一原発でも、その
「使用済み核燃料」が存在したように
各原子力発電所は、
それぞれ敷地内で放置するしか
方法がなく、各々数千本単位で、
抱え込み、冷やし続けている。

今後、とてつもない長い間
いったい「誰が」「何処で」保管し、
続けてくれるというのだろうか。

そんな想像もできない長い期間、
地震なり津波なりの天災が
この日本の何処でも起きてしまう
あろう。

我々の世代で、
大変なモノを子孫に残すことに
なってしまった。

それだからといって、
石油などの化石燃料に
依存しすぎてよいのであろうか。

二酸化炭素の問題は別にしても、
石油にしてもウランにしても、
限られた資源であるということを
深く認識しなくてはならない。

石油を現代の人間に取って、
切っても切れないモノである。

石油や石炭などの化石燃料を
使うようになれてから、
このような現在の
文明社会を手に入れた。

「この文明を人間が手放せるか?」
「江戸時代の生活に戻れるか?」

と言えば、おそらく無理であろう。

しかし、今までの生活レベルをある程度
維持しながら、いろいろな賢い知恵を
活かしまくれば、かなり無理なく
生き続けることができるかもしれない。


その石油などの
限られたエネルギー資源である以上、

その貴重な石油を誰かに独占されると
感じれば、戦争が起こるのは当たり前。

強い国であれば、
言いがかりを付けて
「奪い取る」というのが
歴史の法則。

なぜ、アメリカがアフガニスタンやイラクに
攻め込んだのか。

なんで同じ悪の中軸とののしった北朝鮮には
攻め込まなくて、石油資源の豊富な
中東ばかりなのか。

また、70年前の日本はどうだったのか。

あのような無謀な戦争に突入しなくては
ならなかったのは、おもに
「石油を求めて」である。

石油は日本の血液に等しく、
無くなればほとんどの経済活動が終わり、
日本も終わる。

そんな危機感から、
多くの若者が戦地に向かった。

ガナルカナル島、サイパン、
硫黄島、沖縄、東京大空襲、
長島、広島などなど

多くの犠牲者のことを思うと、
エネルギー問題というのは、
我々国民一人一人が真剣に
向き合わなくてはならない。

原子力を今までの状態で
やり続ければ、
そんなに遠くない将来、
日本人は日本の領土を放棄して、
流民となるであろう。

化石燃料に依存しすぎるのも、
世界から戦争がなくならないし、
限られた資源である限り、
一部の強欲な人々に支配され続ける
ことになる。

誰でも、何処でも取れる
風力や太陽光などの自然エネルギーが
世界のすべてのエネルギーを賄うことが
できれば、こんなすばらしいことはない。

特に日本は、自前でエネルギー源を
確保できることが長年の悲願だ。

日本というのは、
太陽光、風力はもちろんのこと、
高低差のある大地、海に囲まれた環境、
地熱、バイオマス、
自然エネルギー源の宝庫だ。

昔から日本人は自然と共に暮らし、
大自然からいただける恵みに依存して、
自然と共生してきた。

これほど、自然エネルギー資源の豊富で
思想的にも、自然と共生できる民族は
それほどない。

そのような方向に進むのが、
一番いいのだが、普及するのには
まだ時間がかかりそうだ。

それなら「節電」や「省エネ」をやれるところまで
やってみるしかない。

本気になれば、原発数十基分ぐらいの
節電はできるはずだ。

それと、その節電を通して、
もう一度、我々が謳歌している
現代の快適な暮らしというモノを
見直してみませんか。

今後、しっかりした認識もなく、
ただテレビやだまされて、
電力の消費量を増やし続ければ、
大変なことになる。

家の中を見渡せば、
電気コードだらけ。

トイレまで温かく、
シャワーがついている。

外に出れば、
エレベーター、エスカレーター、
自動ドアに、過剰なネオン、
自販機、コンビニ。

はたして、これだけ必要なのだろうか。

「電気が足らないから、
原発を作らなくてはならない

という理屈で原発を作り続けてきたが
はたして本当にこれだけの
電気が必要なのだろうか。

また、快適といわれる生活で
人々が本当に幸せを感じている
のだろうか。

孤独死が増え、自殺者が年々増加している。

豊かになればなるほど、
生活スタイルが変わり、
協力し合うことが
それほど必要とされなく
なってきた。

そのため、人と人との
「絆」が希薄になったのでは
ないか。

さらに生活スタイルが
大きく変わることにより、
地縁、血縁、社縁などの
いろんな「縁」もなくなりつつある。

「豊かさ」イコール「幸せ」なのか。

大正、昭和、平成と激動の時代を
生き抜いてきた88歳になる
うちの会社の会長さんが
よくこんなことを言わっせる左斜め下
「昔はモノがなかったが人の心が豊か
じゃった〜。今は、モノに溢れるようになったが
人間の心がずいぶんと貧しくなったもんじゃ〜

と、、、。

人間の欲望には限りがない。

程よいところで
「足を知る」ということを
しっかりと認識しなければ
ならないのではなかろうか。

今、我々の世代でやれることを
やっていかないと、
とんでもないことを
子供たちに残すことになってしまう。

この記事へのコメント
子供は国の宝である。子供を育てる社会は未来へ続いていけるが、子供を棄民する国に未来などないのはあたりまえである。

ヤクザの世界のように親(分)のために子(分)が死ぬ逆縁を構成員に要求する社会など、人道に真っ向から背く背徳非合法犯罪組織でしかないのである。
戦後日本社会は田中角栄首相時代を除いてすべてアメリカを親分とする恥知らずの対米隷属政治を続ける泥棒官僚国家でしかない。

直ちに地位協定を破棄して政治犯罪組織を断罪解体せよ。
Posted by 通りがけ at 2011年08月01日 16:35

直ちに地位協定を破棄して反人道政治犯罪組織を断罪し解体せよ。断罪無き自主解体は刑事責任の所在をごまかすためであり、犯罪組織の常套手段である摘発逃れ・証拠隠滅・とかげのしっぽ切りであるから、必ずまず最初に厳しく断罪を行わねばならない。
Posted by 通りがけ at 2011年08月01日 17:49
>フクシマ50被爆死指令 犯人は東電幹部(先住民族末裔の反乱さま)
>>http://blogs.yahoo.co.jp/nothigcat2000/20813918.html
>本日の読売新聞(2011 年8月1日19時52分)によれば、
「東電は事故後、確認が不十分なまま作業員を採用し、7月29日現在、計184人の所在が不明になっている。」と報じており、上記フクシマ50以外にも多くの犠牲者がいたものと予想される。これは「未必の故意」ならぬ意図的な殺人に該当する・・・(以下略)

未必の故意はそのまま意図的な殺人であるが、読売記者は知らないようだ。
それはともかく、これは東電の上部組織すなわち保安院主犯の犯行である。
保安院は自民政権下に政府内で国策放射能テロ実行を指令担当する犯罪組織として作られた。オウム真理教政権でいうと防衛省に相当する。

参考>>http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-2751.html#comment18860
>「未必の故意放射能テロ常習犯のほうは謝罪しないのか」(通りがけ)
東海村JCO臨界事故のとき現場へ乗り込んだこの男は、無防備のJCO社員に臨界停止させる注水栓開栓の高度放射線被曝手作業を、保安院の職権乱用して強制的に命令してやらせた、未必の故意の放射能テロ傷害殺人犯である。
今回の福島原発事故でこの男はまたも同じ犯行を繰り返しており、テロ常習犯である。
謝罪など必要なし。直ちに逮捕起訴有罪100%である。
Posted by 通りがけ at 2011年08月02日 09:32
「地位協定を破棄して火事場泥棒官僚マスゴミファッショ内閣国家騒乱テロ政治を殲滅せよ」

>検察最大の弱点は裏ガネ!特捜は廃止 〜検察が二人を放逐(Goodbye! よらしむべし、知らしむべからずさま)
>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/08/post_2160.html
>コメント転載(改変あり)

別のとこに書いたコメントだけど、こいつらもまったく同じことであり、辞職したなら起訴から逃れられない身分になったわけだから直ちに逮捕して特捜に強制捜査に入るべきだね。

>直ちに地位協定を破棄して反人道政治犯罪組織を断罪し解体せよ。断罪無き自主解体は刑事責任の所在をごまかすためであり、犯罪組織の常套手段である摘発逃れ・証拠隠滅・とかげのしっぽ切りであるから、必ずまず最初に厳しく断罪を行わねばならない。

投稿者 通りがけ : 2011年8月 2日 18:07

>▼大阪地検特捜部の不祥事を受けて、先日発表された東京、大阪、名古屋の三地検の特捜部改革は、独自捜査偏重の路線を見直して、国税庁などからの送致事件の対応を強化するという

ということは新たな省庁間横滑り利権を特捜は開発したということだなw
これからは泥棒官僚政府の復興税導入や消費税増額で脱税冤罪利権は超巨額の宝の山になるからw

なにが検察改革だ、笑わせるなって。法を曲げた冤罪共犯の最高裁法務省もろともとっ捕まえて検察全員牢にぶち込んでからいったん解体して全部作り直せ。

投稿者 通りがけ : 2011年8月 3日 06:07

冤罪共犯の最大の首魁マスゴミを書き忘れてたw
小沢氏側、まずは辞め検とマスゴミを告発し巨額の損害賠償(総額5000億円くらいかなw)を分捕って、全額福一の石棺化工事に投入するのがよかろう。

そのまえに地位協定破棄して思いやり予算5000億円で福一の地下ダム壁工事を突貫で完成させる。
同時に米国債を売り払って東北大震災の復興資金を50兆円ほど一気に投入する。
これらの3事業の緊急出資の原資には3つのうちどれを充ててもよいが、3つとも必ず国家の最大の強権を行使して絶対に確保すること。

すべての放射能被曝被害補償と除染原状回復は東電と保安院とすべての原発保有会社が全額を負担する。当然電力会社全滅するから直ちに発送電を分離して民間に開放する。

現政府による復興増税や消費税増額は一切認められないよ、国法(憲法)を曲げた菅内閣は全員逮捕してテロ行為国家騒乱罪で裁くからねw
(了)
Posted by 通りがけ at 2011年08月03日 10:01
「民意偽装は公文書偽造であり天下り官業癒着談合汚職犯罪そのものである。」

>「官僚にとり、国民をだまして誘導しようとするのは、ある種の職業病」(東京新聞)日々坦々さま
>>http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-1116.html
>「民意偽装」の罠をどう脱する?(東京新聞「こちら特報部」)
>玄海原発をめぐる「やらせメール」問題は(中略)原発の怪しさを浮き彫りにした。民意の偽装は自民党政権末期に教育基本法改正や裁判員制度導入をめぐっても暴露(中略)。株主総会への社員やイベントへの「さくら」の動員は古くからある(中略)。国主催のシンポジウムが今回の「やらせ」の舞台になったが、「民意をくむ」という手段の代表格は「パブリックコメント(パブコメ)」だ。<


巨額の官製談合電力関連業界天下り癒着汚職であり、建設推進を自ら偽造した偽装民意パブコメで決定すれば違法な偽装行為の見返りが巨額であるがゆえに、重大な刑事犯罪である。
原発建設前から歴々と行われている重大犯罪だけど、この間の刑訴法改正で重大犯罪についての時効は無くなったので、今から数十年前の談合であっても証拠があれば(いっぱいあるけどw)こっちからも告発して汚職有罪にできるね。
保安院や経産省勤務経歴ある霞ヶ関官僚現役およびOBで身に覚えありの諸君は、全員クビを洗って時効がない痛〜いお縄を待っていなされよ。
Posted by 通りがけ at 2011年08月03日 19:13
「石田壱成11歳が見た「冷酷な目」」

>子ども手当て廃止に見る自公の悪乗りと民主の不甲斐なさ、+いしだ壱成氏の知見!(日々坦々さま)
>>http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-1117.html
>「冷徹な目だけで、僕を見下ろしている。勿論ニコリともしない。そして微動だにしない。表情一つ変えず。実験そのものも怖かったが、その顔も、怖かった」

その目と顔は戦後日本人が見続けてきたこの「目と顔」である。
>池田香代子ブログさまから「目で見る日米地位協定」
>1965年沖縄 「少女轢殺」 報道写真家嬉野京子の証言 
>>http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51424388.html
Posted by 通りがけ at 2011年08月04日 19:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック