2016年05月31日

「知恵と忍耐」を学ぶことこそ、人生の目的!斉藤一人さんの言葉、いいね〜。

 斎藤一人さんの著書の中にこんなことが書いてあったので、
是非とも、紹介したい。

人間は何度も生まれ変わります。
何のために何度も生まれ変わるのか、わかりますか?
それは『魂を向上させるため』です。
 
では、どうすれば魂を向上させることができると
思いますか?
それは「知恵と忍耐」を学ぶことです。

 人が生まれると、そこには誰でも「試練と困難」が
用意されています。そして、その人の人生にとって、
ちょうどいい時期に「試練と困難」が現れるような
仕組みになっているのです。

「試練と困難」がでてくると、それを解決するために、
人間は「知恵と忍耐」が必要になります。つまり、
そこでどうやって解決すればいいのかという「知恵と忍耐」
を学びながら、魂を向上させるわけです。
だから、どんな人にも「試練と困難」は現れます。
これは決まりなんですね。

私も、まったく同感だ。

この試練と困難と聞くと、私は真っ先にある先輩のことを
思い出す。

その先輩から教わった尊い教え
「人間、土壇場でにげちゃ〜だめ」
という言葉、今でも、私の中で生き続けている。

その先輩は、Nさんといい、Nさんと私は、
当時、大きなホテルの宴会部で働いていた。

ホテルの宴会部となると、いろんな部署と関係し、
多くの派遣の人やアルバイトを使いながら、
大きな宴会を切り盛りしなければならない。

例えば、ある会社のセミナーがあり、その後立食パーティーなど
よくある。

その時は、数百人いるお客さんを一度、ロビーに出てもらい、
たったの10分ほどで、宴会場を作り変えなくてはならない。

その時など、まるで戦争のようだ。

その時は、みんな怒鳴り合い。

いろんな部署の協力を得ながらやらなくてはならないので、
他の部署の人にへそを曲げられたら、大変なことになってしまう。

そんな時、Nさんは、いつもいない。

Nさんは、どちらかというと気弱な人で、
若いときから、そのようなこんなことには逃げて
来られたようだ。

そのため、Nさんは当時40歳ほどであったが、
一人ではなかなか仕事がこなせないし、
気弱なせいもあって、みんなのストレス解消の
はけ口のようになっていた。

よく支配人なんか、Nさんを仕事中に呼びつけ、
みんなの前で、延々、一時間ほど怒鳴り散らしている。

他の同僚もなにかあると、
それは「Nさんがやった」と、何でもNさんのせいにする
傾向がある。

そんなNさんと、私はちょくちょく飲みに行っていた。

Nさんは、酒が回ってくるといつも
「Hideちゃん、土壇場で逃げちゃダメ。
逃げ続けると、俺みたいになる」
と、よく語っていた。


三年ほど前、今の会社に入社したMくん。

彼は、非常にどんくさく、すぐにおどおどしてしまう、
典型的ないじめられっ子体質だ。

しかし、彼のすごいところは、逃げない、
全力で仕事に取り組もうとする。
毎日、毎日、怒鳴られまくり、落ち込むことを
しょっちゅうあるあが、やり続けようとする。

それにとても素直だ。

まだまだ、空回りしているところが多々あるが、
愚直に何事も取り組もうつする。

もし、彼がこの20代を肝心なところから、逃げてばかり
いたらどうなるのだろうか?

うちの会社は、セラミック関係の会社だが、
セラミックスの知識にしろ、今なら聞けることって
いっぱいある。

しかし、その後彼が10年、20年とうちの会社で勤め続け、
その時にすでに彼は、30代か、40代。

もうすでに中堅で、逆に若い人に教えなくてはならない立場であるだろうが、
その彼がそうなったときに、何も知らないでは済まされない。

また、彼は計算が苦手だ。

「3sの調合で、Aという原料を30%仕込む。
何キロになる」
といっても、なかなか答えが出てこない。

はっきり言って、中学生か、小学生レベルの計算だ。

それが苦手だ。

でも、このまま放っておいてよいのだろうか。

やるな今しかない。

今たとえ大恥かいてでも、今やるしかない。

今、遅れを取り戻しておかなくては、
一生、やれないままだ。

30代、40代になって、そんなことができないようでは
すまされないし、Nさんのように、苦手なことから、逃げ続けな
ければならない。

幸運なことに、彼は「素直」さをもっている。

素直に、分からないことは、「教えて下さい」
と、言ってくる。

けっこう、知ったかぶりや、自分を大きく見せようと
する人が多い中、とても素直といえる。

たしかに、たかだか算数も出来ない人なんでしょ〜
と思うかもしれないが、いざというときに、自分を
さらけ出せる人間とそうでない人間違いって、
大きいような気がする。

自分の欠点に素直に向き合える愚直さ。

それも、まだまだ若い20代前半である。

まだまだ若い彼が、苦しくとも20代のうちに
そのような習慣を見につけたら、今後
どれほど成長するか、楽しみなような気がする。

時間という大きな財産があり、それを有意義に使えるだけの
素直さと忍耐力がある。

そのように、若いころから自分自身と向き合ってきた人と、
ただ見栄と張ったりだけで生きてきた人間とでは、
あとあと大きな差が出ることは明らかだ。

彼は今、明らかに「試練と困難」に直面している。

多くの人が、社会人になるときというのは、そんなもんであるし、
その時期に覚えたことというのは、あとあと自身の
肉となり骨となり、大変貴重なことである。

人間というのは、完全ではない。

誰でも必ず欠点がある。

欠点があるゆえ、つまずき、困難と試練に遭遇する。

その自身の欠点を乗り越えないと、もしくは知り尽くさないと、
その欠点による試練が形を変えて、目の前に何度も
現れることになる。

解決できないまでも、しっかりとその自身の欠点を
知ること。

それだけでもだいぶ変わってくる。

自身の評価をただ噂話の中だけで、映し出そうとすれば、
必ず大きな「ツケ」を払うことになり、
ただ世渡りが上手なだけでも、自身の成長というモノは、
かなり鈍くなる。

恥をかく、傷つき、怒りがこみあげ、不安に心が占領される。

誰でも与えられる「試練と困難」には、必ず
そのような強い感情が自分自身を支配する。

それに耐える、そしてそれを乗り越えていく知恵をが生み出されてくる。
耐えて耐えて、考えて考えて、そこから生まれだされる
小さな悟りというモノが、あなたの心の中で結晶化されていく。

そのようなモノというのは、決して忘れることはない。
また、そのようなモノの積みかねこそ、あなたの本当に
財産になりうる。

忍耐力とは、「小さな悟り(知恵)」母である。

勇気というモノは、「小さな悟り(知恵)」の父である。

そして、うまく説明できないが、「神」という概念が、
勇気と忍耐を支えることになる。

「神」といっても、月謝の高い新興宗教でなくてもいい。

亡くなられた、あなたをかわいがってくれたおじいさん、おばあさん、
近くの氏神さん、その道端にあるお地蔵さん、
そんな身近な方々にあなたの「神」になっていただいたら、
いつまでもあなたの行動を根底から支える一部になるはずだ。
posted by hide at 21:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい話を聞かせてもらいました。

この恩は、何かの形で返します。
Posted by 白石丈 at 2017年01月10日 19:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック