2016年10月18日

「資本主義」は、我々をどこに導くのか?「神の手」を失い、欲望と恐怖に心が奪われる狂気の世界で、本当の幸福はあるのか??

国家の束縛を離れ、国境なき巨大資本家たちによる
支配が完成しようとするTPPが,今国会で審議されている中、
NHKスペシャルで、「資本主義」について、もう一度
考える特集が組まれた。

今から、約三十年ほど前、共産主義が倒れた。

冷戦とは、簡単に言えば、シロアリさんとハゲタカさんの戦い、、、。

シロアリさんが敗け、ハゲタカさんたちが勝ったことにより、
ハゲタカさんたちの天下となった。

そして、そのハゲタカさんたちの思想が、トコトン尖鋭化してきてしまった。

そして、そのハゲタカさんたちの一番邪魔になるのが、
国家であり、それにともなるありとあらゆる規制だ。

人々の生活、環境、健康、文化伝統、雇用、安全などなど、
国民を守る為に、あらゆる法律があり、憲法がそれぞれの国にある。

それらの国家、憲法、法律が実は、ハゲタカさんたちにとっては、
まさに商売の邪魔、、、。

それをとっぱらい、永久にハゲタカさんたちのやりたい放題の
支配体制を完成させるのが、TPPである。

もし、政府が、地方行政が、国民の健康、環境を守ろうとした
法律や条例を作ろうとしても、そのことがハゲタカさんたちの
商売の邪魔になれば、たちまちに訴えれてしまう。

それが、TPPの本質だ。

話しが長くなってしまったが、是非ともこのNHKスペシャル
「シリーズ マネー・ワールド資本主義の未来」
を見てもらいたい。

三回シリーズで、一回目は、昨日(10/16(日))に
終わってしまったが、まだ10/22(土)、10/23(日)と続く。


http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20161016
「シリーズ マネー・ワールド資本主義の未来」

その紹介をしたいと思う。

第1集
「世界の成長は続くのか」
2016年10月16日(日) 午後9時00分〜9時49分


 豊かに幸せになるにはどうしたらいい? 格差ってどうして生まれるの?
商売を成功させる秘訣は? 人生につきまとうお金の悩み。その全てに
関係するのが人類が生み出したシステム「資本主義」だ。その資本主義が
今“500年に一度”とも言われる大きな岐路に立っている。無限に思われ
た成長の停滞、パナマ文書などで浮かび上がった富の偏在や巨大格差―。
 社会に豊かさをもたらすと考えられてきたシステムが未知のひずみを
引き起こし始めている。第1集のテーマは「経済成長」。
近年、世界の経済を牽引してきた先進国の成長が、急速に停滞し始めている。
近代資本主義の発祥の地・イギリスでは、EUの離脱決定後にポンドが続落。
先進各国もGDPの成長率を相次いで下方修正するなど未曾有の“超停滞経済”
と向き合っている。なぜ成長は止まり始めたのか?今後も世界は成長を
続けられるのか?フロンティアの消滅や、金融空間の限界など、その背景を
ひも解きながら、新時代での成長を模索する企業や経済学者の闘いを追う。



第2集
経済の“支配者”は誰か〜
国家 VS 市場経済・ルールをめぐる闘い〜 (仮)
2016年10月22日(土) 午後9時00分〜9時49分


第2集は、成長のルールをめぐる国家と市場経済の攻防を追う。
これまで市場経済を統御してきた国家が力を失い、資本主義を
コントロールできなくなっている。ある南米国家は欧米の
巨大企業の進出で成長を狙ったが逆に税収や失業率が悪化し
国家破綻の危機にさらされている。経済が低迷する南太平洋の
島国では、経済規制をゼロにすることで投資を呼び込む、
「国内国家」の検討を始めている。背景にあるのは“国家の
ルールは少ない方が競争を促し成長できる”と考える
「新自由主義」の広がりがある。今や北欧の福祉国家さえも
社会保障の財源のため新自由主義の導入を検討し始めた。
そして法律や規制はいっさい要らないと国家不要論を主張する
グループまで現れ、世界の国々と自治区設立を目指し、交渉を
始めている。経済が行き詰まるなか、国のルールや規制を大きく
変えてまで成長を求める資本主義は私たちに何をもたらすのかを
考える。


第3集
富は分かち合えるのか
〜巨大格差の果てに〜 (仮)
2016年10月23日(日) 午後9時00分〜9時49分


第3集は、変容する富の分配と巨大格差。資本主義は、人類が史上経験した
ことのない「巨大格差」を生み出した。その象徴が、世界におよそ150人いる
という年収2400万ドル以上の「プルトクラート」と呼ばれる超富裕層だ。
巨大な富と力を得たプルトクラートは今年注目のアメリカ大統領選挙を背後で
支え、影で世界の趨勢を握っている、とも言われる。一方で、利益の追求を
放棄するニューウェーブが世界各地で起き始めている。自らの年収を
10分の1にすると宣言するCEO、給与体系を変更し全従業員の賃金を
同額にする企業、利益を分かち合う自治体―。過剰な富の追求は「幸福」に
繋がらないという経済学が注目を集め始めているのだ。世界の富の分配は、
今後どう変容していくのか検証する。


是非とも、見てください。
posted by hide at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック