2016年10月22日

強欲な資本家たちと米国大統領選挙の関係、、、。本当に民主主義が存在するのか、、、。

今日、この後、夜九時より、NHKスペシャル
「シリーズ マネー・ワールド資本主義の未来」
が放送される。

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20161016

今日が第二集であり、上のインデックスから
内容を紹介したい。

第2集
経済の“支配者”は誰か〜
国家 VS 市場経済・ルールをめぐる闘い〜 (仮)
2016年10月22日(土) 午後9時00分〜9時49分


第2集は、成長のルールをめぐる国家と市場経済の攻防を追う。
これまで市場経済を統御してきた国家が力を失い、資本主義を
コントロールできなくなっている。ある南米国家は欧米の
巨大企業の進出で成長を狙ったが逆に税収や失業率が悪化し
国家破綻の危機にさらされている。経済が低迷する南太平洋の
島国では、経済規制をゼロにすることで投資を呼び込む、
「国内国家」の検討を始めている。背景にあるのは“国家の
ルールは少ない方が競争を促し成長できる”と考える
「新自由主義」の広がりがある。今や北欧の福祉国家さえも
社会保障の財源のため新自由主義の導入を検討し始めた。
そして法律や規制はいっさい要らないと国家不要論を主張する
グループまで現れ、世界の国々と自治区設立を目指し、交渉を
始めている。経済が行き詰まるなか、国のルールや規制を大きく
変えてまで成長を求める資本主義は私たちに何をもたらすのかを
考える。


米国の大統領選が真っ只中。

これだけ、格差が拡大し、巨大資本家たちが莫大な
力を持つ社会の中で、果たして本当に「民主主義」が存在するのか?

公平な選挙というモノが、ありうるのか?

第一集のナレーションを書き起こしたので、お読み下さい。

2300億円の巨大な富を持つある資産家は、
秘密会合を繰り返し、巨額な献金で国家の行く末を
左右しております。

その資本家は、
「政治家は誰が資金を出しているのか、よく分かっています。
それが人間の性(さが)ですよ」

と、、、。

拡がる格差社会、、、。

世界のトップ62人と、下位層36億人の資産が同じ。

国家を上まわる富の力で、市場に君臨する
巨大グローバル企業、、、。

南米では、グローバル企業に訴えられ、追い詰められる
国もあります。

エクアドル コレア大統領
「石油会社への賠償、訴訟は、この半年で11億ドルが
やつらに奪われた。とても厳しい大打撃だ」

と、、、。

ヨーロッパで拡大する深刻な失業率、、、。

「労働者を食い物にする野蛮な経済はまっぴらだ」
、、、、、、。

これらの異変は、人類の繁栄の終わりを告げているのでは
なかろうか。

知の巨人たちは、一斉に警鐘鳴らしている。

元米財務長官ローレンス・サーマーズ
「人類史上経験したことのない事態が、今、
起きています」

・・・・・・・・・・
経済学者 ジャック・アタリ
「現代はまさに、資本主義の歴史的転換点なのです。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人々に富をもたらし、世界を成長へと導いてきた資本主義、、、。
相次ぐ異変が何を意味しているのか?
私達は、どこへいざなおうとしているのか?
・・・・・・・・・・・・・・・

自由と民主主義のが金看板のほとんどの人が、
大変な貧困に苦しんでいる。

あれほど、輝いて見えたアメリカが、
今、そのイメージとは、大きくかけ離れ、
ほんの一握りの資本家たちに、完全に乗っ取られて
しまった。

このナレーションの中である大富豪が、
語っているように
「政治家は誰が資金を出しているのか、よく分かっています。
それが人間の性(さが)ですよ」
と、、、。

アメリカの政治というモノが、どういうモノに
変質しているのか、、、。

アメリカの「政治と金」の問題について、
 3年ほど前、Eテレのスーパープレゼンテーションで
ハーバード大学のローレンス・レッシグ教授が、
非常に興味深い話をしていた。

「我ら人民は共和国を取りもどさなければならない」
という題で話された。

アメリカ版、「政治と金」の問題についてだが
アメリカはすでに、ほんの一握りの富裕層に乗っ取られている、
というような話であった。

その教授がおっしゃるには、
アメリカには「二つの選挙がある」と、、、。

一つは、人民が投票する一般の選挙。

もう一つは、資金集めによる富裕層による選挙だ。

アメリカの人口は3億1100万人。

その中の0.05%の人が、大半の選挙資金を出しているのが
現実らしい。

選挙では、莫大な金がかかる。

そのお金を集められなくては、選挙には出られない現実。

さらに、政治家は自由な時間の30〜70%を政治資金集めに
費やしている。

多くの政治家が、「フリをするのが上手い」、という。

一般国民に気付かれないように、
うま〜く、うま〜く、富裕層の意にそうような政策を決定していく。

また、アメリカ議会とは、「ロビイストの二軍」とも語っていた。

1998〜2004年、上院の50%、下院の42%が
政治家が引退後、年収が1452%増加したという。

ロビイスト街に身を投じ、富裕層や企業の「御用聞き」
に、なっていくとのこと。

その乗っ取られた選挙の対抗策として、
庶民が少しづつお金を出し合った、ある候補者を
団結して応援していくしかない、とその教授は
語っておられた。

そして、アメリカのマスコミ、日本のマスコミ、
こぞって優勢と報道されているヒラリー氏が
何処からお金をもらっているのか?

https://mobile.twitter.com/naoyafujiwara/status/742528910827524097

「サウジの王家、ヒラリークリントンの
選挙資金の20%を負担していた」



今、中東が大変なことになっている。

米国による中東支配、、、。

それによるサウジアラビアの存在とは、、、。

オイル、マネー、戦争、、、、、。

果たして、クリントン氏のお金の流れとは、、、。

そして、誰に担がれ、誰の意志で動いているのだろうか、、、。




posted by hide at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443035287

この記事へのトラックバック