2017年01月29日

「嫌われる勇気」もしかして、そのことがあなたを自由にするのでは、、、。

 最近、香里奈が出ているドラマ「嫌われる勇気」が
やっている。

ドラマの中で主人公の香里奈演じる女刑事が
「その推理、明確に否定します」
とか、はっきりとものを言う。

たしかに、日本社会では、そのような物言いは、
カドがたち、たちまちに浮いてしまう存在になるであろう。

私は、けっして人と対立することを望ましいとは思わない。

むしろ、人間とは、これほど互いに依存しながら、共同社会の中でしか
生きられない生物もいないと思う。

私は、今、暖かいダウンジャケットを着ている。

果たして、これが自分で作られるかというと、できないし、
だけかが作りそれを販売する人から買っている。

ということは、生活していくうえで、暖かいそのジャケットが必要ない上、
私はそのジャケットを作って販売している人に依存していることになる。

そのようなモノでも深く互いに依存しながら人間は生きている。

また、こんなことも言える。

狼に育てられた少年が、狼のような習性を身につけ、四足で歩くという。

中国人は、中国人らしく、我々日本人は、周りの空気に気を使いながら生きていく。

ある精神科医が
「人間とは、周りから著しく影響を受けている」
と、言っていた。

まさに、その通りであり、周りと協調していかなくては、
生きていけない。

しかし、思い切って勇気を振り絞り「NO」といわなければ、ならない時って、
人生においてあるように思う。

例えばこないだマンガ「課長 島耕作」を読んでいた。

その中に、初芝電器始まって以来の出世街道まっしぐらの平井室長が登場していた。

平井さんは、井上副社長の紹介で結婚し、高校生の女の子、
中学生の男の子がいる。

出世街道まっしぐらの平井さんでも、家庭の中はグチャグチャ、、、。

高校生の女の子は、誰の子かわからない子を妊娠中、、、。

中学生の男の子は、登校拒否で、家の中で暴れ放題、、、。

奥さんは、ヤクザの愛人、、、。

そして、そのヤクザに奥さんの卑猥な写真を公表されたくなかったら、
「5000万円用意しろ」と、脅されている。

平井さんは、はっきりと言って奥さんにはもう愛はない。

しかし、井上副社長の紹介であり、その副社長グループのホープである
平井さんは、離婚することが出来ず、5000万円用意した。

そこで、奥さんと話し合うことになった。

奥さんの卑猥な写真で、ヤクザに脅されていることを話し、
ヤクザと別れるように説得する。

しかし、その奥さんは下半身裸になり
「こんな私でも抱くことはできる。あの人は、こんな体でも
いとおしく愛してくれるわ」と、酒の飲みながら、自分の下半身を
さらけ出す。

そこで、平井室長も、とうとう奥さんと別れることを決意し、
ヤクザに5000万円払うことを拒否した。

そしたら、その奥さんの卑猥な写真が、会社の正面玄関に
大きく貼り付けられてしまった。

怒った井上副社長が平井部長を呼び出し、平井さんは副社長の
紹介の奥さんと別れたことを告げる。

そして、平井さんに、自分のグループから去ることを告げる。

しかし、その後、子供たちと三人でアパート暮らしが始まる。

奥さんと分かれた経緯、今後のことについて、真正面から
子供たちと話し合い、親子関係が上手くいくようになった。

さらに、仕事の面でも、気の合う島さんや中沢部長らと親しくなった。

出世一筋、そのために犠牲にしてきたことって、計り知れないのかもしれない。

奥さんと分かれたことというは、平井さんにとって、井上副社長へ
「NO」と同じことになる。

しかし、家族と向き合えることが出来た。

さらに、今まで見えなかったものが見えてくる。

群れか離れるのって、我々日本人にとって、非常に恐ろしいこと。

しかし、その群れに属していると、果たして本来の自分というモノを
見失ってしまうのでは、、、。

上手くいえないが、リスクをとらないと緊張感は生まれないし、
視野がまったく変わってくる。

まさに、「群れから離れる勇気」も必要なときってあると思う。

もう一度言うが、けっして人間関係をぶち壊せというのではない。

ぶち壊さないためにも、最善の努力が必要であるが、
人生において、ぶち壊すぐらいの勇気が必要なときがある。

人間関係をぶち壊さずに、自分の主張を言うのは、やはり日頃の行いが
大事なような気がする。

譲れるところは、徹底的に譲る。

夫婦でも家族でも仲間でも、その中で「こだわり」と「協調」というのは、
反作用する。

本当にその「こだわり」って価値があるのだろうか、
そこでその「こだわり」を協調する必要があるのか、
そのことを常に問いかける。

こだわりもよくよく洗練する必要があるし、他に預けるのも、
大事なことであり、それにも人間力が必要だ。

「協調」と「こだわり」、バランスよく生きていくために、いろんな知恵が
必要になってくる。

斉藤ひとりさんが人生ってなんのためにあるのかというと、
「知恵と忍耐を学ぶ」ためとのこと。

そのためにも、勇気がどうしても必要になってくる。

posted by hide at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック