2017年01月29日

幕末ラスト10年、長州の大躍進!もしかしたら「石炭」というカードが大きく作用したのでは、、、。

IMG_2181.JPG


この水力発電が日本を救う 今あるダムで年間2兆円超の電力を増やせる 
   元クコ度交通省河川局長 竹村公太郎

の中に、歌川広重の「東海道五十三次」の日坂宿(現在の静岡県掛川市)と
二川宿(現在の愛知県豊川市)の絵である。(P.109)

背後の背景に、木がポツンポツンとしか描かれていない。

さらに、江戸時代の当時天領であった天竜川流域の木材伐採量の表があった。

広重ほどの絵描きが、あからさまに手抜きをしたとも思えないし、
しっかりと管理された天領である天竜川流域でも、木を伐採しつくし、
江戸時代後期からは、著しくその伐採量が減少している。

江戸末期には、かなり森林が消滅していた。

黒船が来たとか、尊王攘夷とか、明治維新について、
色々な解釈があるが、エネルギー面から言っても、行き詰って
いたことが分かる。

話しは、変わるが、私の義両親は現在、山口県宇部市の昔ながらの
山陽道の宿場街に住んでいる。

そこの風景を見ると、いつも不思議に思うのは、古い家など
外壁がレンガで出来ている。

レンガなんて当時は、かなり高級品だっただろうに、
なぜ、一般庶民がこのようなレンガを使えたのだろうか。

それは、ここら一帯が、昔石炭の産地であり、
燃料があるのでそのようにレンガを使えたのではないかと、
推測していいた。

山口と言えば、長州、、、。

なぜあの幕末にあのように大暴れできたのか、
いろんな説がある。

関が原で破れて、その260年間の恨みが爆発したとか、
吉田松陰の革命思想が開花したとか、いろんな説があるが、
エネルギーの面から見ると、非常に面白い。

これから話すことは、あくまでも私の妄想である。

黒船が来た。

その黒船は、石炭で動く。

さらに、その後、外国との交易が盛んになり、国内でも蒸気船を
持つ藩が増えてくる。

さらに反射炉など、複数の藩で実験や稼動し始めている。

ということは、さらに石炭の需要は上がる。

これは、あくまでも幕末、江戸時代の最末期の10年ほどに
限っての話しである。

開港など、外国との交渉がその時代活発に行われてた。

外交交渉の延長線上には、戦争がある。

軍事力が外交交渉の一番の決め手になるであろう。

そんな時に、外国から来た軍艦の兵站線とは、いったいどうなるのか?

たとえ、軍艦が物資や石炭を積んだ貨物船を遠くから運んできたとしても
それを狙われれば、一発でやられてしまう。

馬関戦争のとき、関門海峡で長州藩がコテンパンにやられた。

しかし、その後、上陸した外国部隊が陸上で果たして勝てたのだろうか?

当時、九州などの大名が行き来した天下の公道「山陽道」を見たことがあるが、
今でいう片側一車線ほどの幅で、舗装もしてない土の道であり、雨になれば
ぬかるむであろう。

その両脇には、ぬかるんだ田んぼが拡がり、ところどころに川で切断されている。

当時の川とは、帆掛け船が通るため、橋がかけられていないところが多く、
工兵を引き連れないと、陸戦は難しい。

薩英戦争でもそうだが、確かに鹿児島の街は打撃が大きかった。

その後、陸戦になり、ゲリラ戦ともなれば、起伏の激しい日本の大地では
外国勢力に勝ち目はないように思う。

それも、戦う側の士気次第になるが、薩摩も長州も士気の上では、
清のアヘン戦争とは、まったく違っていたであろう。、、。

しかし、老獪なイギリスは、そんな時、必ず内乱を引き起こす為に、
反対勢力に加担する。

なんであそこまでやられたとされる馬関戦争、薩英戦争で、
領土もとられることもなく、ことが収まったのか?

イギリスは、幕府に立ち向かう内部の勢力が欲しかった。

ここまでは、多くの歴史学者がかたられることであろうが、
さらに言うならば、長州の「石炭」、これが大きかったのでは
なかろうか。

私がその石炭のことを語るのは、明治維新後ではなく、
活発に外国との争い・交渉が行われた最幕末のラスト10年間ほどの
時期の話である。

北海道や九州などで、日本で本格的に、石炭鉱山が開かれるのは、
維新後であり、その当時石炭を掘っていたのは、限られてくると思う。

イギリスにしてみれば、石炭を当時持っていた藩がいたとしても、その藩が幕府寄りならば、
いざ国交が断絶したときに、石炭の供給が途絶えることにもなる。

もし水戸藩が石炭を持っていたとしても、
あまりにも幕府に近く、すぐに見つかってしまうであろうし、
近畿、東海、北陸、関東、東北では無理であろう。

そうなると、やはり限られてくる。

長州藩では、塩を作る燃料として、細々と江戸の中期から
石炭が掘られていたとのこと。

うちの義理のオヤジなどは、石炭で風呂をたき、飯も炊き、
比較的この地方では、昔から石炭が日常的に使われていたようだ。

イギリスにとって、もし長州藩を味方につけるということは、
石炭の補給基地にもなる。

そうなると、幕府との長期戦もできるようになり、「石炭」という
カードが開港などの交渉の過程で、大きなカードになるのでは、、、。

なんで絶対絶命の長州に対して、薩摩が同盟を結んだのか?

薩摩も当時、蒸気船を持っていた。

では、その石炭をどうしたのか?

黒船が来て以来、江戸最末期、かなり石炭の需要が高まったはずだ。

その時に、その「石炭」は各藩どうしていたのだろうか?

日本に来ていたイギリスなどの外国勢力は、いったいどうしていたのか?

その辺りを調べると、もしかしたら、新しい歴史の見方ができるかもしれない。

これは、あくまでも私の妄想であり、最幕末のラスト10年に限定した
話しである。

posted by hide at 18:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういう考え方もあるのですね。

幕府側だった福島県民からすれば、戊辰戦争は本当に必要だったのだろうかと思いますが、、、
日本が発展したのはいいことです。
でも安倍総理をみるたび、この人も長州だよなー、福島の原発事故は第二の戊辰戦みたいだなーってちらっと思わなくもないです。
すみません、愚痴でした。
Posted by 福島県民 at 2017年02月09日 14:09
福島県民さん、コメントありがとうございます。
何年か前、初めてだと思うのですが、大河ドラマで
幕府側の会津藩のことが取り上げられていました。

それを見るまで、私も会津藩というのは、コテコテの旧守派で、明治維新を阻害していたように思っていたところがあった
と思います。

しかし、幕府側にも、ちゃんとした自身の主張、正義があり、当時の長州の行動などは、危なっかしく、今までのような司馬遼太郎史観だけが絶対的に正しい
わけではないということを、つくづく思いました。

それに、明治で明らかに、幕府側の人間がたくさん活躍
しているし、彼らがいなければ、日本の発展はなかった
ように思います。
Posted by hide at 2017年02月10日 07:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック