2017年02月08日

石油文明の終焉とその後の世界とは、、、。

福島第一原発2号機の格納容器内で530シーベルトの線量を
計測されたとのこと。ヒトは7シーベルトを浴びると即死とされているが、
果たしてこれをどのように取り出すのか。

費用の方も、今後どれほどかかるのか?

この現実からしても、地震、津波、噴火、台風、洪水などなど
天災大国日本で、原発が行えるのか。

地図をよくよく見ていただきたい。

40年を超える原発が立ち並ぶ日本一の「原発銀座」と呼ばれる若狭湾、、、。

その若狭湾から、若狭、琵琶湖、関ヶ原、この濃尾平野と[伊吹おろし]という
強風にさらされている。

日本列島は、その中央部に背骨のような高い山脈が連なっているが、
一カ所だけそれが途切れているところがある。

それがこのラインである。

そして、冷たい大陸からの寒気団が、暖かい太平洋側へ
と、強風となって、通り抜けていく。

若狭湾と琵琶湖間の距離をじっくりと見ていただきたい。

数十キロメートルである。

高い山もなく、強風が原発のある若狭より、琵琶湖に強く吹き付けている。

もし、その山の南斜面に雨が降れば、琵琶湖に流れる構図だ。


ということは、水源から見れば、数十キロメートルの原発銀座と琵琶湖の距離も、
そう考えると約半分となる。

盆地状の琵琶湖の水源とは、周りの山々であり、その周辺の山々に降り注いだ
放射性物質が琵琶湖に集まることになる。

そして、その琵琶湖とは、京阪神1450万人の大事な大事な水源である。

今後のエネルギーをどうするのか?

歴史を見れば、エネルギーが変われば、社会も思想も共同体も
文明そのものが、大きく変わる。

今の人類の繁栄というのは、石油文明と言える。

石油ももとをただせば、太陽光エネルギーであり、何億年とかけて、
藻類の光合成により溜め込んだ
太陽光エネルギーを、今、一気に使い切ろうとしている。

石油という缶詰をあけたことにより、莫大なエネルギーを得た。

しかし、それは近い将来、必ず使い切ってしまう。

今は、人類にとって、バブルだという。

莫大なエネルギーを得たことにより、ありとあらゆる資源を
掘り起こし、ほとんどの資源が枯渇が近づいている。

莫大なエネルギーのために、人間の活動がドンドンと活発になり、
「自由」という概念が強調される思想が強くなった。

アメリカの建国の理念
「人間は、神から幸福を追求する権利を与えられている」
とされ、そのアメリカで石油が見つかり、一気に石油文明が
広がっていく。

しかし、どう考えても、今、このような文明は保てない。

温暖化、異常気象、それに確実に化石燃料は枯渇する。

何億年前の太陽光ではなく、今の太陽エネルギーをどう集めるか使うのか?

地球上に降り注ぐ、莫大なエネルギーであるが、薄く広く分布する
太陽光エネルギーを、どのように集中させるか?

明治の頃、あの電話を発明したアメリカのグラハム・ベルが
「日本は豊かなエネルギーを保有している」
と、語ったらしい。

実は、彼は地質学者であり、一流の科学雑誌である「ナショナルジオグラフィック」の
編集責任者だった。この雑誌は、現在でも、地質学、地理学および
環境分野の第一級の専門誌である。当時、彼は地理学に関して
世界的にも有数な権威だった。

それは、雨が多いこと、そしてその雨が国土の70%の山岳地帯に降り注げば、
それは位置エネルギーを得たことになる。

水力というのも、元をただせば太陽エネルギーである。

太陽光により海水などが温められ、それが水蒸気となり雨が降る。

その水蒸気が雨となり、山々に降り注ぎ、湧き水となり、無数の渓流から谷に存在する川に
集められてくる。

その川の上流である谷にダムを造って、水を貯めればということは、
大量の位置エネルギーを得たことになる。

三十年ほど前、御岳山に登ったときに、その山頂付近に、
コカ・コーラの自動販売機があった。

そのコーラをどのように運ぶのかというと、男の人が背中に背負って、
運んでいたのを見たことがある。

重たい自動販売機の飲料水を山の頂上に運ぶというのは、大変な労力である。

もし、その仕事をヘリコプターなどで行っても、
大変なエネルギーを使うことになる。

水を下から上にあげるというのは、重力に逆らうことになり、
大変なエネルギーを使うが、逆に上から下に流れていくには、
エネルギーを得ることができる。

その大量の水を山の上にあげるということを、、日本を取り巻く水の自然環境が毎年、
毎年当たり前のようにやってくれている。

山に積もった雪もそうである。

まさに、ダムに溜められた水というのは、石油と同じである。

その水力が、まったく有効に使われてないという。


IMG_2181.JPG


元国土交通官僚、元国土交通省河川局長でダムの専門家である竹村公太郎氏の
著書、「水力発電が日本を救う・今あるダムで年間2兆円超の電力を増やせる」
という本であるが、一気に読み切った。

竹村氏は、ダムの専門家であり、水力発電のスペシャリスト、自身もダムを
3つもつくってきた人が、いったい何を語るのか、非常に興味深く読んでいるが、
今あるダムというのは、法律に縛られ、まだまだその能力からして、
半分も使われていないという。

さらに少し手をくわえるだけで、さらに多くの電力が得ることができるという。

竹村氏自身も、もう新しいダムができる時代ではないという。

財政的にも、もし新しいダムをつくろうとすれば、莫大なお金がかかる。

しかし、そのかかるお金の大部分が、立ち退く人たちの保証や
周辺の道路などであり、実際の建設費用というのは、全体のほんの一部だという。

例えば、武村氏は、現在あるダムの嵩上げを提案している。

その嵩上げの方法も本の中にかかれてあるが、たかが10%嵩上げしただけで、
水力発電により、倍の電力を得ることができるという。

水力発電の原理として、その溜められている水の量、落差がとても関係してくる。

ダムというのは、山と山の谷間をせき止めて造られたもの。

ということは、底へいけばいくほど、狭くなり、溜めてある水量が少なくなる。

上部の嵩上げというのは、はるかに効率的に水量を増やすことができる。

落差も稼げるし、水量が増えれば発電効率が向上する。

それを、新たなダムを作ると莫大なお金がいるが、
今あるダムを嵩上げすれば、ダムをもう一つ造ったくらいの効果があるという。

そう考えると、今のダムは高度経済成長期に、急増する水需要にともない
次々に建設された。

いわば、既存のダムというのは、高度成長期の「遺産」とも言える。

その先人たちが残してくれた大事な大事な遺産を、もっともっと有効に使える方法が
あると水力発電の専門家が語っている。

また、大部分の国というのは、大きな川によってつながり、そのような
ダムを建設したり、水力発電をよろうと思うと、国境を越えて、
国と国との抗争になりかねないし、現在も水利権等の問題で
いくつも国が終わることがない争いの最中だ。

戦後、水力中心だったのが、60年代より中東より、
安い石油が入り始めた。その後、原子力へとつながっていくが、
その大きな流れの中で、水力発電が埋没していったように思う。

水力は、まだまだ掘り起こせる余地が十分ありそうだ。

「人類のバブル」ともいえる石油文明の中で、人間の活動がどんどんと活発になる
膨張社会の中で、自由、人権というような価値観が強調されてきた。

しかし、これからは明らかに限られた資源の中で、
生き方を見いだしていかなくてはならない。

そんな中で、どのような生きがい見つけていくのか?
どのような、価値観を見出していくか?

限りない我欲を追求していっても、満足感が得られないのは、
なんとなく多くの人にわかってきているのではなかろうか?

それよりも、自分を忘れること、自我を薄めること、
その方が、自身の煩悩を薄めることにつながるような気がする。

その自分を忘れるには、どうしたらよいのか?

それは、周りのために生きること。

自分より大事なモノがあれば、自分を忘れることができる。

ほんの一昔前の日本人は、とても公共心が強かったように思う。

もしかしたら、自分自分という生き方よりも、
社会のためとか、家族のために生きた方のが、心がすっきりするのでは
なかろうか。

石油文明は、必ず終わる。

そして、自然エネルギーを中心にした共生社会に変わるしかないほど、
人類は追い込まれている。

その共生社会にどうしても必要なのは、信用の構築である。

ある仏教の教え、
地獄でも極楽での、大きな釜でうどんをゆでている。

そのうどんを1メートル箸で食べなければならない。

極楽では、互いに助け合い、互いの口にうどんを運んで、
みんな満腹になれる。

しかし、地獄では、先にと競って食べようとするので、
結局、だれもうどんを食べることができず、みんな餓死してしまう。

この違いは何なのか、その共同体に、互いに信用があるのか、ないのかでは
なかろうか。

信用がなければ、各々が猜疑心のかたまりとなり、
地獄のうどんのようになってしまう。

一歩、周りのためにアクションを起こしてみては、、、。

それが一人一人ができる小さな一歩であるが、
必ずそういう時代が来る。

なぜそのようになったのか?

ある人の言葉であるが
「我々は、未来の子どもたちに土地を借りて生きている」
と、、、。
posted by hide at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック