2017年02月19日

世の中をどのように見るのか?自身のモノサシ(主観)が変われば、人生、大きく変わる、、、。

先日、ダウンタウンの浜ちゃんが司会をしている
俳句のテレビを見ていた。

その俳句の題材は、河原の土手につくしが生え、
そのバック雄大な富士山がそびえたつ。

そんな中で、うちの嫁が、即興でこんな俳句を作ったが、
なかなかいいできばえだ。。

寝ころべば 富士とつくしの 背くらべ

ちょっとびっくしたが、うちの嫁にそんな才能があるとは、、、。

私は、けっこう写真を撮るのが好きだ。


CIMG6963.JPG


この写真は、海側から名古屋の街を手前に、御岳山にピントを
合わして撮ると、御岳山が実際よりも大きく写せる。

名古屋のような巨大な都市も、このような御岳山のような山々に
水源を依存している。

そういう意味でも、このような山々はとても偉大であり、
それを表現するうえでも、いい写真が撮れたと思う。

つくしと富士山の写真でも、寝ころんで、視点を下げてみれば、
富士山とつくしの高さが同じくらいに見える。

何が言いたいのかというと、人間って、ピントを変えてみれば、
世の中がまったく違って見えてくる。

例えば、背が低いことにコンプレックスを感じている人がいるとする。

こんな感じに見れば、まったく違って見えるではなかろうか。

逆に、世の中を見るうえで、公平に客観的に見ることができず、
いつも自分に都合よく世の中を捻じ曲げてみる人もいる。

結局、人間というのは、自分のモノサシ(主観)により、
まったく違って見えてくるし、そのことにより、大きく人生が
変わってくる。

他の人と比べて、自分が劣っているとか、不幸だとか思っている人でも、
果たして本当にそうなのか?

体の不自由な人に比べれば、手が動く、足が動く、目が見える、耳が聞こえる、
ウンチが出る、シッコでる、これらのことって本当ならば、
ものすごくありがたいことではなかろうか。

今は、スーパーに行けば、食べ物にあふれている。

外食産業もかなり普及し、飽食の時代だ。

これって、昔からそうだったの?

世界的に、どこでもそうなの?

と思えば、これがどれほどありがたいことか。

幸せを感じることができるというのも、その人の人間力だと思う。

人間だれでも、コンプレックスがあり、煩悩に苦しめられている。

しかし、なるべくそれらを薄め、なるべく心をフリーにできる人と、
そうでない人では大きく出せる力が変わってくるように思う。

また、自分のことを中心にしすぎれば、周りが見えず、
自身の成長は鈍くなる。

自分の見方を変える、モノサシ(主観)を変える、
これにより大きく人生変わる。

簡単なようで、そんなことなかなかできるものでもない。

一番大事なことは、日々いろんな経験すること、
日々よく学ぶこと、それしか方法がないし、そのような気持ちで
10年もやれば、かなり変わってくるような気がする。

神様は、常に必要なモノをあなたに与え続けている。

「神」という概念も、上手に自分の中で使い切れば、
より考え方がすっきりするのでは、、、。


posted by hide at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447155565

この記事へのトラックバック