2017年02月26日

日本とは、日本人とは、、、。この共同体は「先人」、「英霊」の方々とも強くつながっている、、、。

 今週も、香里奈が出ているドラマ「嫌われる勇気」が
やっていたので、録画を見た。

アドラーの心理学の中で、
「嫌われる勇気」と「共同体意識」って、実は人生において、大事なことだと思う。

しかし、パッと聞いて、この両者って、矛盾しないだろうか?

実際に、ドラマの中で香里奈が演じる女刑事は、
まったく協調性がなく、とげとげしいような人物であろう。

その女刑事に、「共同体意識」と言っても、だれもが
信じないであろう。

「嫌われる勇気」というモノに、重点をおくのなら、
ただ自分勝手にやっていれば、ただのわがままな人であり、
結局は誰も相手にされなくなる。

それよりも、「公共心」を持て、ということではなかろうか。

「共同体意識」とは、私なりに解釈すれば、イコール「公共心」
ということになると思う。

人間って、どんなときに自分の存在感、もしくは
自身の人生の意義を感じるだろうか?

例えば、ドラマの中で、学校を卒業してから、
42年間警察官として働いた男性が、警察署に立てこもり、
事件を起こした。

彼の主張は、42年間警察に奉仕してきたが、
退職してみたら、まったく感謝されることもなく、
久しぶりに行ってみても、自分がいなくて、さぞ困っていると
思いきや、自分の仕事場も、大きく変えられているし、
久しぶりに合った元同僚達も、忙しくてあまり相手にされなかった。

それに、現役時代は毎年300枚ほど、年賀状が来ていたのに、
やめたらたったの7枚だけ、、、。

自分は、警察官としてしか、存在価値がないんだ、
自分の存在するスペースは警察しかないんだ、というような
そんな感覚に陥り、なんだか無性に自身の存在理由が
分からなくなり、事件を起こしてしまったとのこと。

自分の存在理由、、、。

確かに、自分の存在理由が一番分かりやすく感じれるときというのは、
誰かのために役に立っているときではなかろうか。

実は、何か自分よりも大事に思えるもののために
一生懸命になっているときというのは、自身の煩悩も
かなり薄まるような気がする。

例えば、独身時代、あれだけ着飾っていた若いお母さん。

子どもが出来れば、子どものことで一生懸命になり、
自身のことなど忘れがち、、、。

悩み、怒り、恐怖など、煩悩に心が占領されたときとの
大きな特徴としては、まったく周りが見えなくなり、
極端な自意識過剰となる。

つまり、自意識が自分に集中してしまう。

その逆で、自分のことはそっちのけで、他のことに
意識が集中していると、視野が広くなり、
心が穏やかになる。

人に役に立つ、人にあてにされる、もしくは自分よりも
大事なモノ、その「他者」というモノを、何処におくのか?

それともう一つ大事なことは、例えば他者のために何かを
やっても、「なんか、なんも感謝されへんし、馬鹿馬鹿しい」
と、感じることも事実である。

ドラマの中では、見返りを求めないというが、
それも人間である以上、なかなか難しいのではなかろうか。

また、「共同体意識」、、、とは言うが、その共同体に
どれほどシンパシーを感じることができるのか?

それは、イコール何処まで「仲間意識」をもてるのか?
ということにつながってくる。

常に仲間が、各々自分のことしか考えずに、わがままな主張ばっかり
されていたのでは、「もう勝手にしろ」ということになる。

実際に自分から共同体意識を持とうと思って、
ひたすら頑張っても、ぶち当たるのは、
仲間の理不尽な態度、自分勝手な主張、何も見えてない理解力のなさ
などなど、いやになることばかりになる。



105-0514_IMG.JPG


これは、鹿児島の開聞岳山頂から、南の海を撮った写真である。

この開聞岳のふもとに、特攻隊の知覧基地があった。


104-0493_IMG.JPG


そして、その特攻隊の人たちが、南の沖縄方面に旅立つときに、
この開聞岳を富士山に見立てて、翼をふって、
日本に対して、別れの挨拶をしたとのこと。

その跡地には、「知覧特攻平和会館」があり、数多くの特攻で
なくれた方々の遺書がある。

その人たちは、たかだか二十歳前後で書かれた遺書の数々、、、。

それを読むと、正直な話、自分が恥ずかしくなる思いだ。

死が目の前にあり、自分の死、そして自身の限られた命、
何のために死ぬのかという自分の自我に対して、
トコトン向き合った人たちの文章のように思う。

確かに、「彼らは洗脳されていたから、
その洗脳をした軍部が悪い」
というような意見をよく耳にするが、
ただそれだけみるには、あまりにも了見が狭いように思う。

歴史とは、[his-story」であり、勝った方のものである。

日本の歴史、地形、風土、文化、思想、気候
あらゆる観点から見て、「強固な共同体」存在し、
そこから生まれる「仲間意識」というのは、かなり強いものが
あったはずだ。

「仲間を信じられるか」どうかで、自分よりも大事に
思える共同体が生まれると、私は思える。

山口県のあの人間魚雷回天の記念館に行ったとき、
戦争で生き残った人の話を聞く機会が合った。

そんな時、必ず私がする質問というのは
「死ぬのが怖くなかったんですか?」
と聞く。

その時、その記念館の老人は
「自分が生きる死ぬというようなことを言っている場合ではなかった。
多くの兵隊達は、若い自分の世代で何とかしなくては
という気持ちが強かった」
と、、、。

一昔前の、例えば地域の農業用水、土地改良、それに
成功した会社や組織の雰囲気をみれば、何が彼らの
心の支えになったのか?

ただ、自分のよくだけでは、もっと大きな格差を生み、
犯罪や衛生などなど、劣悪な社会になっていたはずだ。

海外に住んだ経験のある人が、真っ先に感じることは、
自分が日本人であるということ、、、。

そして、日本のすばらしさを実感するのではないだろうか、、、。

それは、きれいさ、礼儀正さ、勤勉さ、協調性、犯罪のなさ
などなど、明らかにすぐれているところが一杯ある。

日本に2年ほど滞在したことのあるニュージーランド人の友人が
言っていたが、「多くの日本人は自分の国のすばらしさ知らなさ過ぎる」
というようなことをいっていた。

私が知り合ったニュージーランド人、台湾人、マレーシア人、
シンガポール人、オーストラリア人、韓国人、中国人などなど、
日本人のよくよく知っていた。

日本って、とても特異ではあるがすばらしい国だ。

それには、外国ではまれば、
仲間意識を持てる日本という共同体が長いことかけて、
出来上がってきたからだと思う。

そして、そんな日本で培ってきた仲間意識、
それをささせる思想、宗教、自然との接し方、物をトコトン大事にする考え方
などなどこれから世界で非常に重要になってくる。

むしろ、あの戦争で負けたことさえ、
これもこれからの世界貢献にもつながる大きな意味を
持つような気がしてならない。

特攻隊の英霊をどのように見るのか?

ただの「洗脳された犬死」扱いでは、
あまりにももったいない。

見返りを期待せず、ただひたすら自身の考えを持って
共同体に貢献していくというのは、非常に難しいことだ。

どうしても、現代社会の中では、
理不尽な要求、わがまま、思慮の狭さ、などなど
人間のいやなことに接しなければ、ならなくなる。

そんな時に、「勝手にしろ」という気持ちを乗り越えて、
共同体意識を持ち続けるというのは、非常に難しい
ことであるが、しかし、この日本を造ってくれた人、
多くの先人、英霊の方々は、それは強い奉仕の心が
あったと、歴史を見れば分かる。

共同体意識、仲間意識の対象とは、ただ現在生きている人たちだけでは
ないように思う。

我々は、英霊、先人の方々から、この日本を引き継いだ。

そして、次の世代に引き継がれていく。

例えば、原発の問題でも、その原発の一番恩恵を受けているのは、
我々の世代であり、その後の核のゴミというのは、
次の世代、またその次の世代と、とてつもなく長い時間、
引き継がれていくことになる。

ある人が言っていたが、
「我々は未来の子供たちにこの土地を借りて生きている」
と、、、。

深い言葉だね〜。



posted by hide at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック