2017年03月05日

遺伝子組み換え食品が生物兵器となる可能性、、、。

https://jp.sputniknews.com/opinion/201703053399812/

「遺伝子組み換え食品:普通の食べ物、それとも生物兵器?」

遺伝子組み換えについて、私もその害、もしくは
害になる可能性について、ほとんど知らなかったが、
上の記事によると、こんな使われる可能性もあるという。

その部分を一部紹介したい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
病気を作り出す有機体を故意に拡散させる様々な手段は、
生物学兵器として受け止められている。しかし普通の人達にとって、
最も恐ろしいことは、日常口にする普通の食べ物や、あるいは
飲む水を通して、人々の間に病気が蔓延するという事だ。
そうしたリスクは、一体どれほどのものなのだろうか? 
その点では、遺伝子組み換え食品は、どんな役割を果たすのだろうか? 
そうした食品が全く有害なのか、あるいは人間にメリットがあるのか、
今も分かっていない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ツィヂェンダムバエフ氏
:遺伝子組み換え食品は、完全に、そうした兵器になり得る。なんらか
の病原性細菌の遺伝子を、植物ゲノムに組み込むチャンスは常にある。
例えば、コレラや、あるいは炭疽菌のようなものだ。そうした植物の
種から得られる食物は、その後、バイオテロ攻撃実施のための手段として
用いることが可能だ。毎日の生活の日常のレベルで、それは、少なくとも
アレルギーを、ひどい場合にはガンを誘発させる。しかし、そうした食物を
とることで第一に影響が出るのは、生殖機能においてである。血液の成分が
変化し、肝臓、腎臓、副腎に害を与える可能性がある。そして一度に数千の
遺伝子の働きが変わる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



確かに、恐ろしいことだ。

コレラや炭素菌のようなモノを植物のゲノムに組み込むことができるという。

それを日常的に食べる遺伝子組み換え食品に組み込みこまれたら、、、。

そういうことが、技術的に可能だという。

さらに、次のようなことも述べている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ツィヂェンダムバエフ氏:
 まず第一に、これは、遺伝子が組み替えられた種を作っている
巨大多国籍企業によるビジネスだからだ。遺伝子組み換えを利用する
根拠とされたのは、それによって飢餓状態にある人達を救う助けに
なるという事だった。それ以外に、定着しつつある遺伝子組み換え
植物の70%は、除草剤に対する耐性遺伝子を含んでいる。それゆえ
企業は、種ばかりでなく、それらが耐性を持っている除草剤も売る
ことができる。そうすることで、巨大多国籍企業の利益は、
2倍に膨らむのだ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


巨大な多国籍企業が、果たして人々の命と健康を優先するのか?
それとも自身の利益を優先するのか?

果たして、彼らの根本にある一神教的な価値観とは、、、。

う〜ん、なんだか深く考えさせられるのは、私だけだろうか??


posted by hide at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック