2017年03月14日

三ヶ根山に眠る七名のA級戦犯たち、、、。彼らは英霊なのか?世界の極悪人なのか?

 ある人から、三河の三ヶ根山に、東條英機元総理ら七名のA級戦犯の
方々が祀られていると聞き、さっそく見に行ってみた。

東京裁判で絞首刑とされ、その後死刑が実行された後、
心ある方がGHQの命令を振り切って、その遺骨を拾い
上げることに成功した。

そして、現在、愛知県の三ヶ根山に祀られている。


IMG_2621.JPG


IMG_2622.JPG


果たして、彼らは本当に世界の極悪人だったのか?

歴史とは「his-story」と言われるように、勝者のモノ。

どの時代でも、世界のどこでも、勝った方が自分たちの正当性を高めるため、
書き換えられる。

これは、ごくごく当たり前のこと、、、。

本当に日本だけが悪かったのか、、、。

アメリカがだけが本当に正しかったのか、、、。

アフガン・イラク戦争、シリアでの戦争、、、。

目を覆いたくなるようなアメリカの悪事の数々、、、。

アメリカとは、建国以来二百数十年のうち、戦争をしなかった年というのは、
たったの十数年に過ぎない、、、。

イラクに対しても、シリアに対しても、戦争にまで
トコトン追い詰めていく、、、。

それが現実であり、アメリカの東側の数州で始まったアメリカ合衆国が
今では世界唯一の超大国、、、。

それには、数々の世界の覇権を狙った戦争、謀略があったのは、
これはれっきとした事実である。

それに、日本が戦争に突入する直前の状況をよくよく考えてもらいたい。

世界の石油の生産量の大半は、米国産だ。

その石油を止められてしまった。

昭和天皇が
「あの戦争は、石油で始まり、石油で終わった」
と、おっしゃられていた。

エネルギーでも、軍事力でも、圧倒的な力を持つ米国に対して、
「窮鼠猫を噛む」というような状態で、ドンドン追い詰められ、
最終的には、真珠湾へと向かうことになってしまった。

長崎、広島への原爆投下、、、。

東京大空襲などは、四方を炎の壁で囲い、人々が逃げれないうえで、
その中を徹底的に焼き尽くす。

あれが戦争犯罪でなくて、何をもって戦争犯罪というのだろうか。

私は、過去のことでアメリカを憎めと言っているのではない。

世の中には、非常に不合理なこともあるし、
過酷な運命を受け入れないけない人も多くいる。

東條さんを始め、A級戦犯の方々というのは、
むしろ、誰かが敗者としての罪を背負わなくてはならない中で、
絞首台で命を落とした人だということ。

実際に、東條さんは東京裁判でたった一人で、
よく戦われた。

歴史とは「his-story」、勝者によって作られる。

そんな中で、負けた方の総大将として、
世界の極悪人として、東京裁判でさらされながら、
刑死される。

一人の人間として、これほど過酷な人生も、
そうはないのでは、、、。

開戦当時は、東條さん、東條さんとして英雄視していた国民が、
戦争敗れれば、極悪人として蔑む。

そして、未来永劫、極悪人として世界にその名が引き継がれていく。

残された家族はどうなのか、、、。

天皇、国民、そして共に戦った部下達、、、。

そして日本の未来は、、、
と思うと、生き続けるということは、東條さんにとって
耐え切れない思いではなかろうか。

処刑される前にこんなことを語っていたらしい
「死ぬにはいい時期です。終身刑にでもなったら
永遠に煩悩に付きまとわれ、たまったものではない」

と、、、。

またこんなことも
「昨日宣告のとき、心が朗らかになりました。
『大無量寿経』の中の、法蔵菩薩が決定して無上正覚をいるといわれる、
あのような気持ちになりました。
日本の土地に同化して行けることは、非常にありがたいことです」

と、、、、。

そして、東條さんの奥さんへの歌
「明日よりは誰にはばかるところなく
    阿弥陀のみもとでのびのびと寝む」

と、、、、。

そしてA級戦犯として判決を待つ元側近に対して
こうも語ったとされる
「戦争の責任は僕一人で背負いたかったが、多くの人々に
迷惑をかけて相済まぬ。君もどんな判決を受けるか知らないけれども、
敵に罰せられると思えば腹もたつだろが、陛下や国民から罰をいただく
と思って、甘んじてもらいたい。敗戦により、国家と国民とが蒙った打撃と
犠牲を思えば、僕が絞首台に上がるごときは、むしろもったいない。
 僕はただ絞首の辱めを受けるだけでなく、永遠に歴史の上に罵りの
鞭を受けなればならないからです」

と、、、。

そして
「トウジョウ・。ヒデキ、デス・バイ・ハンギング(絞首刑)」
を、言い渡されたときに
東條さんは「そうか、よしよし」とでも言いたげに軽くうなずいた。

東條さんは
「自殺でもしたら意味がない。絞首刑で死ぬことこそ意味がある。
それが日本の再建の礎石隣、平和の捨石となりえる」

考えていたようだ。


IMG_2599.JPG


私は、東條さんは東京裁判では立派に戦った唯一の日本人だと思う。

ご立派だったと感じる。

多くの人々の犠牲のもと、今の日本という国が存在し、
我々が豊かな生活で暮らしている。

あのような悲惨な戦争に、二度と巻き込まれないためにも、
自前のエネルギー資源がどうしても不可欠だ。

自前のエネルギー資源、そして石油が確実にそう遠くない将来に
枯渇する現実を考えれば、どうしても再生可能エネルギーで
自給できる国家、見本のような存在が必要である。

それが、日本以外、どこの国ができるというのだろうか、、、。






posted by hide at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447895904

この記事へのトラックバック