2017年03月24日

「愚直」さ、「素直」さの大切さ、、、。

私の会社の後輩であるM君。

M君は、現在20代で入社して丸四年だ。

かなりどんくさいタイプで、何か言われると
おどおどしてしまういじめられっ子タイプ、、、。

しかし、こんな彼でも、他の人とは違った
素晴らしさを持っている。

それは、「愚直さ」と「素直さ」だ。

焼き物が好きで、高校卒業後、焼き物の産地である愛知県瀬戸市の
窯業の専門校に入る。

その後、うちの会社に入社したのだが、最近、私の友人で
陶芸活動をしているF君に、M君を紹介した。

F君は、山の中の斜面で、自分の手作りの薪を燃料とする昔ながらの
窯を作ってしまうほどの凄腕で、粘土の方も、自らいろんな
工事現場や開発地におもむき、採取して使いこなしている。

つい最近、会社の後輩のM君が、凄腕の陶芸家のF君の仕事場に
手伝いに行き、一日一緒に作業したらしい。

その夜、F君から私のところにメールが来て、その内容は
「今日は、Mくんが手伝いに来てくれました。
いろいろと教えるつもりでいましたが、M君と接していると
その愚直さ、素直さに私が何か教わっているような
気分になりました」
というような返信があった。

どんくさくて、要領が悪く、世渡りのうまくないM君、、、。

しかし、果たして若いうちから、世渡り上手なのが
本当にいいのだろうか。

前の会社の先輩が
「だいたい要領のいい奴というのは、すぐにやめていってしまう。
むしろ、どんくさいやつのが残っていく」
というようなことを言っていた。

ある意味その通りだと思う。

要領が悪く、世渡りがヘタならば、もがき苦しむ。

そのもがき苦しむことって、若いうちには必要なんじゃないかと思う。

特に、M君は、いつも等身大の自分をさらけ出す。

だれでもそうであるが、自分を大きく見せようとするところって
あると思う。

しかし、M君はそういうところがほとんどない。

たとえば、「頭のいいキャラ」を前面に出している人っていると思う。

そういう人って、うかつに自分の疑問を他人に聞けることって、
できるのだろうか?

恥をかいて、何かを思いっきりやってみるということができるのだろうか?

失敗こそ、いろんなことを学ぶチャンスである。

自分を大きく見せようとする気持ちを抑え、好奇心と探求心を
第一に生きてきた人では、モノの理解力が格段差が出てくる。

「プライドを捨てる、プライドもを持つ、両方とも大事なことさ〜」


と、むかしスズキの宣伝でやっていたが、
つまらないプライドが自分を縛り上げ、成長を止めてしまうことって
あるんじゃないかな〜。

そんな意味でも、素直さを前面に、そして愚直なまでに
自分の道を突き進むMくん、、、。

なかなかいない存在であり、見かけより、輝くものがあるような気がしてならない。

どこか多くの人が、忘れ去った大事なモノを持っているような気がする。




posted by hide at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448331380

この記事へのトラックバック