2017年05月29日

「足るを知る」、「諸行無常」、自分を見つめ直すことって、持続可能な幸福感の始まりでは、、、。

 昨日、たまたま車の中で、ラジオを聞いていたら
登山家の野口健さんが面白いことを話していた。

野口さんに
「なぜ、山を登ろうとするんですか?」
という質問にたいして、

「山から帰ってきて、いつも思うことは、
あの風呂の感動。二カ月ほど、風呂には入れず、
じっくり使って楽しむ。それが一ヵ月ほど続くが、
それ以降は、その感動がなくなってしまう。
例えば、電気のありがたさ、シーツの上で寝るということの
あの柔らかさ、日本という国のありがたさ、その感動が
冷めたころ、また山に行きたくなる」
と、、、。

少し言葉は違うが、こんな内容のことを話されていた。

私も、野口さんほどではないが、同じような
経験がある。

ニュージーランドで四日間、山小屋を転々と泊まり歩きながら、
トレッキングをやったことがある。

もちろん、風呂にも入れないし、四日間分の水から、食糧から、
ガスとか、鍋とか、すべてのモノを背中に背負って、
山の中を歩き回った。

そこから、返ってきたときのあのシャワーの感動、、、、。

今でも忘れない。

そして、その山歩きの中で、あるアメリカ人が、
インスタントのコーヒーをくれた。

私は、毎日のようにコーヒーを飲むコーヒー党、、、。

しかし、なるべく荷物を軽くしなくてはならないので、
コーヒーはもっていかなかった。

私が飲んだコーヒーの中で、間違いなく、あの時の
インスタントコーヒーが最高のモノであった。

ある人の言葉であるが
「人間の快楽とは、落差である」
ということ。

毎日、毎日、まるで水を飲むかのように、
ビールを飲む人と、週に一回なり、
しっかりと汗をかいて仕事をした人が自分への
ご褒美として、飲むビールと、まったく価値が違ってくる。

以前は、たかだか一杯のビールを飲むために、
自転車で16kmほどの距離の温泉に行き、
その後プールで泳いで、温泉に入った後の
グラス一杯のビールを飲む。

なんか一気に飲むのがもったいなくて、チビチビ飲むのだが、
そのビールが体の中にしみ込んでいくようだった。

もしかしたら、ただ「もっと、もっと」でなく、
自制心があった方のが、快楽を上手く味わえるのでは
なかろうか、、、。

もし、あなたが船で遭難して、一ヵ月ほど無人島のようなところで
生活した後、帰還して、今、目の前にあるコーヒーって、とても
感動するのではなかろうか、、、。

そんな状況に遭遇したときに、いつもいがみ合っている人が
目の前に現れたときに、なんだかとても懐かしく、
いとおしくなるのでは、、、。

状況が変われば、自身の主観というモノも変わる、、、。

また、今、当たり前のことって、本当にあたりまえなのか、、、。

不平、不満で頭をパンパンにしているのでは、
もしかしたら、自分がいかに恵まれているかが
分からないのではなかろうか、、、。

いま日本では、ギャル曽根のようなタレントがもてはやされて
いるように、明らかに食べ物に満ち溢れた飽食の時代だ。

しかし、世界的に見て、飢餓で苦しんでる人が、どれだけいることか、、、。

時代的に見て、これほど豊かな時代が過去あっただろうか、、、、。

この時代、そしてこの日本に生まれたことが
とてつもなくラッキーであったことか、、、。

もっと、もっとでは、本当の幸せは手に入らないのでは、、、。

持続可能な幸福感っていうのは、味わえないのでは、、、、。

足るを知る心、当たり前など何一つない、諸行無常であること、
そのようなどこか冷静な心って大事なような気がする。

世の中、もっと豊かに、もっと便利にとはいうモノのの、
本当に幸せを味わっている人がどれほどいるのか、、、。

例えば、六本木ヒルズに住んで、一見豪華な生活をしているような人でも、
もしかしたら、不安や恐怖と隣合せなのでは、、、、。

ボクシング世界王者だった鬼塚選手の言葉だった。

少年の頃、世界チャンピオンはスーパーマンみたいな存在やと思ってきた。
俺にとっては神様に近い存在ですよね。凡人の俺が、そんな凄い場所に
辿りつくことができたら、いったいどんな凄い人間になれるんだろう。
そのことだけを励みにここまで頑張ってきました。
しかし、試合に勝ってはみたものの、あるはずのものが何もないんです。
「エッ、何なのこれ?なんで、何もないんや?」
「いや、次勝てばきっと何かが得られる」
そう信じて、次から次へと試合を積み重ねていきました。だけど何も残らない。
試合が終わった夜は、生き残れた実感と自分が探し求めたものが何もなかったと
いう寂しさで発狂しそうになりました。俺は常に素直に飛び跳ねる自分で
おりたいのに、充足感がないから、「何でや?」という思いばかりが
虚しく深まっていく。最後の試合までずっとその繰り返しでした。
  (『週刊文春』平成6年11月)


上へ行けば行くほど、競争が激しくなってくる。

やらなければ、やられてしまう。

そうなれば、常に不安や恐怖が心の中を占領してしまう。

これは、今では、上だけの話ではない。

ある長老の言葉であるが
「今では、競争、競争といって、人をだまくらかしたり、
利用したりが当たり前の時代になってしまった。
昔は、もっと信頼関係があり、助け合ったもんじゃよ〜」
と、、、。

激しすぎる競争というモノが、もしかしたら、
逆に社会を混乱させるのでは、、、。

今では、それが日本の企業だけではなく、中国や
東南アジアなどなど、世界的な競争社会に
なってしまった。

自由貿易、グローバル化、行き過ぎれば、
ほんの一握りの資本家以外、みんな疲れ切ってしまう。

その巨大な資本家たちも、果たして安住な暮らしを
楽しんでいるのだろうか、、、、。

上へ行けば上へ行くほど、競争が激しくなる。

いつ裏切られるか、いつ寝首をかかれるか、
不安や恐怖に飲み込まれる日々なのでは、、、。

江戸時代の鈴木正三は、「我が身を思う念(自己保身)」が分別(煩悩)の本質である」
と言ったとか、、、。

もし、自分が、六本木ヒルズの住人で、そこから破産し、
ホームレスにでもなったら、、、。

しかし、よくよく考えたら、自分もあと30年ほどで、
全てを捨てて、身一つであの世に旅立たねばならない。

やがて死んでいく我が身、、、。

これは決定的なことであり、誰もが避けて通れない。

そう思うなら、執着が薄まるのではなかろうか、、、

先ほどの「足るを知る」ということも
世の中「諸行無常」ということも、冷静にならなければ、
感じることができやしない。

執着が強ければ、冷静になれないし、本質が
見えやしない。

自分を見つめ直すことって、人生を楽しむ
唯一の方法のような気がする、、、。



posted by hide at 07:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「NHKよ、おまえはクビだ。」by日本国民60歳豊岳正彦

NHKと電通が報道しないので全国都道府県庁と新聞各社に宛ててこれを一斉メール報道した。
https://sptnkne.ws/e94Z

2017年6月5日刊の長周新聞報道記事を転載する。
_____________

「TPP水準上回る市場開放」
---大枠合意で大詰め迎える日欧EPA交渉
・国内酪農に大打撃「日米FTAにも影響」

 日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)交渉が大詰めを迎えている。
両政府は七月上旬にも大枠合意する方向で調整しており、環太平洋経済連携協定(TPP)水準を上回る市場開放が行われる可能性が高い。

 これまでの事務レベル協議で二七分野のうち二〇以上が事実上決着している。
残る論点は、農産品関税を含む市場アクセスに絞られつつあり、政治決着もありうる。
だがTPP交渉と同様に、農業者をはじめ広く国民的な反発を恐れて交渉内容の情報はほとんど開示しない秘密交渉に徹している。

 安倍政府は七月七、八日にドイツ・ハンブルクで開かれる二〇カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて大枠合意したい意向である。
それに向けて六月に首席交渉官会合を開く。

 農業分野の協議の焦点は乳製品や豚肉、木材などで、政府内では「TPP並の合意なら問題ない」とする見方が支配的になっており、TPPを上回る譲歩もやりかねない構えである。

 一方で、欧州側はチーズをはじめとする乳製品でTPPをこえる市場開放を要求してきている。
TPPで日本が国産への影響を避けるために関税を維持したモッツァレラやカマンベール、プロセスチーズといった品目でも譲歩を迫られる可能性が高い。

 TPPや発効済みの日豪EPAでは、より有利な条件を与える他の協定が発効する場合には「同等の待遇を与える観点から見直す」と定めている。
仮に、日EU交渉の結果、これら既存の協定内容を超える譲歩をすれば、すべての対外協定で見直しは避けられず、国内産業への悪影響が飛躍的に拡大する。

一部でもTPPを超える内容が含まれていれば、アメリカが日本に迫ってきている二国間の自由貿易協定(FTA)交渉で、より大幅な譲歩を要求できる口実を与えることになる。

 日本とEUのEPA交渉で、農業分野の最大の焦点が乳製品である。
酪農大国のEUから大量の乳製品が無関税で輸入されれば、国内の酪農業への打撃は計り知れない。

 EUはチーズだけでなく、バターや脱脂粉乳、ホエー(乳清)など幅広い乳製品の市場開放を要求してきている。
TPPで日本は、バターや脱脂粉乳に生乳換算で計七万トンの輸入枠を新設した。
ホエーは最長二十一年かけて関税を撤廃する。
長期保存が可能なバターや脱脂粉乳は、生乳が余ったときの「需給調整弁」の機能を果たしており、酪農関係者は「生乳が余ったときの逃げ場がなくなる」と警戒感を強めている。

なお政府試算でも、日欧EPA締結で加工原料乳価格が下落するとしており、国内の酪農生産は甚大な打撃を受ける。

________(内容転記終わり)


日本国憲法日本国君主勤労納税子育て主権者国民が額に汗して勤労する酪農業界に対して甚大な損害を与える対外協定を、君主主権者国民の下僕憲法15条公務員政府がご主人さまに無断でしかもこそこそ隠れて外国と秘密交渉している。

何故憲法15条公務員であるNHKは、主権者国民の下僕であるのに、ご主人さまの財産を盗む泥棒官僚下僕政府の国家叛逆の極悪を全国放送で報道しないのか。

もちろん子分の電通拝金マスゴミも一切報道しない。

共謀罪衆院可決の時国会生中継を放送する「責務」を放棄して娯楽スポーツ大相撲中継をした憲法99条違反内乱罪NHKは、同時に子分の電通拝金マスゴミにも絶対箝口令を布いてすべての下僕国会議員の国家叛逆国会破壊テロを日本国君主主権者国民の耳目から隠蔽したのである。

この下僕国会議員の内乱犯行を隠蔽する動機と機会と手段を持つ者が真犯人であり、そうなるとやはりNHKの他には誰も真犯人たり得ない。

今回長周新聞記事の、国益に重大な損失を与える日欧EPA「秘密」交渉下僕安倍政府について報じたのは、上記の長周新聞ただ一社のみである。
やはりすべてのマスゴミが共謀罪可決内乱国会テロの時と同様に完全沈黙しているが、これは外国との交渉で国内に重大な損失被害を与えるのだから、内乱ではなく外患誘致に等しい憲法99条違反刑事犯罪となる。

そしてこの下僕政府「外患誘致テロ」を日本国憲法主権者国民ご主人さまから隠蔽する動機と機会と手段のすべてを併せ持つ真犯人はやはり、GHQユダヤフリーメーソンマッカーサーが作った日本国憲法15条下僕公務員総務省特別放送法人日本放送協会「みなさまのNHK」だけしかいない。
________________

「NHKよ、おまえはクビだ」https://sptnkne.ws/e8qv

日本国君主勤労納税子育て主権者国民ムースクナビコナ百姓不動薬師如来大光王オオクニヌシ豊岳正彦が、七不衰法日本国憲法第15条第99条公務員すなわち主権者国民に奉仕する憲法公僕下僕総務省NHKに、日本国憲法違反の罪を犯した咎(とが、科、罪科、罪過)で、公僕職懲戒解雇すなわちクビを君主直々に申し渡す。

爾後お白州にてきつくお取り調べの上極刑屹度申し付くるゆえ、ひたすら神妙に控え居って主君オオクニヌシ大光王ムースクナビコナ百姓*「不可思議解脱」不動薬師如来転輪王の**「大慈悲無我不二仏法」日本国憲法御沙汰を待ち居ろう。
http://bunchin.com/choyaku/yuima/index.html
**https://sptnkne.ws/dDF5

暗黒無明阿修羅へhttps://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/685.html#c39

【隠ぺい】財務省が「森友交渉データ」を完全消去へ!ネット「犯罪国家」「ドリル優子の出番か?」
森友交渉時のデータ消去へ 財務省がシステム更新
学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却の交渉記録を記した文書や電子データを財務省が廃棄・消去したとされる問題で、同省は2日までに当時使用していた情報システムを更新した。運営を委託していたNECが近くデータを物理的に消去する作業に入る。この作業でデータが完全に消去されれば真相究明への道がいっそう険しくなる。

システムや職員のパソコンには交渉記録などのデータが物理的に残っている可能性があり、野党は保存の必要性を指摘。「犯罪捜査でも消去したデータの復元を行っている。このまま更新したら国民から隠蔽(いんぺい)と思われる」(民進党の高井崇志氏)などと更新の凍結を求めた。しかし、財務省は見直しを拒否した。
https://xn--nyqy26a13k.jp/archives/30691#comment-130025
豊岳正彦 より:
2017年6月4日 8:33 AM

PCデータという有無を言わせぬ犯罪証拠を隠滅せねばならない動機があるのは、真犯人だけだ。

泥棒官僚総務省NHKがさも安倍が真犯人であるかのように報道を煽って見せかけている今現在が、ほんとうの真犯人すなわち泥棒官僚財務省を外交官治外法権で支配するイスラエルモサドNHKにとって、最大の証拠隠滅絶好チャンス到来というわけだね、まあNHK悪魔が自分でマッチポンプして作ったわけだけど(笑)

こんな子供だましの嘘つき詐欺泥棒官僚公務員同士の猿芝居には、NHKの手下である電通拝金マスゴミは引っ掛かっても、賢い日本人は小学生でも引っ掛からないね(笑)

賢い日本人小学生https://sptnkne.ws/e9gu
「小6が暗唱:日本国憲法前文! THE CONSTITUTION 」
https://www.youtube.com/watch?v=ePPDNN_QxME
何日もかけて、頑張って覚えた日本国憲法、前文。
学校での授業の課題でした。
もちろん、意味もきちんと勉強しました。【Maya】

・・・・・以下略。
残るNHK日本国憲法違反の詳細は下記タイトルスプートニク豊岳正彦コメントを参照せよ。
「仏法武士道は宇宙最勝王経である。」
https://sptnkne.ws/e94Z
____________________

日本国憲法 前文

 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

 そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。

これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。

われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。

われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。

われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

______________

日本国民 豊岳正彦 ほうがくまさひこ

国籍日本 60歳 自営業

山口県岩国市山手町1−16−35

0827−21−1510
Posted by 豊岳正彦 at 2017年06月08日 13:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック