2008年07月02日

外人コンプレックス(3)

九州(08) 084.jpg

わずか60数年前、
日本はアメリカと戦争して、徹底的に負けたexclamation
ある意味、見事な負けっぷりだったexclamation

 地上で、竹槍の練習をしているのに、
はるか雲の上から、雨あられのように
爆弾が落ちてくるexclamation×2
 そして、トドメは「ピカドン」こと原子爆弾exclamation×2
ピカッと光った思ったら、数十万の人々と共に、
街全体をにしてしまう。

日本人初の大負けであり、
完全に「精神力」が、圧倒的な「物量」
負けた戦争であった。

そのショックは、相当なものであったろうと思うexclamation×2
はるかなる「物量」の差を、「精神力」で
乗り切ろうとしたバッド(下向き矢印)
しかし結果、完膚なきまでに、たたきのされたexclamation×2

 その時、日本人は「物量」もしくは「物質」のすごさに
圧倒された。戦後は一貫して、モノが万能の
物質主義に傾向していていったと思う。

 その象徴がアメリカ文化だと思う。
「ギブ・ミー・チョコレート」と言えば、
気前よく、チョコレートを配ってくれた
やさしいアメリカ兵exclamation&question
テレビや映画の中で、多くの便利なモノに
囲まれて、優雅に振る舞うアメリカ人exclamation×2
多くの日本人が、アメリカ文化や
アメリカ人に憧れたのは、明らかに事実であろうexclamation×2

 その反面、精神的な「教え」「思考」を軽視されていったバッド(下向き矢印)
伝統的な道徳や、宗教心というものを置き去りにしてきた
ような気がする。
最近の残忍な殺人事件等を見ていると、つくづくそう思う。
むかしは、もう少し見えないモノへの畏れ(おそれ)
というものがあったような気がする。
たとえば、
悪いことをすると「バチがあたる」
といったように、見えない「何か」に対して
畏れ(もしくは恐れ)があり、
それが自制心にも役立っていたと思う。

九州(08) 020.jpg

その「見えない「何か」の畏れ(恐れ)」とは
今、失われつつある宗教心であると思う。
むかしのおじいさん、おばあさんは
そのような宗教的な観点から、
道徳を教えていったexclamation

私は、むかしながらの日本の宗教には
いいところがいっぱいあったと思うexclamation
「足るを知る」や、「あるがままを受け入れる」
など、すばらしい言葉はいっぱいある。

 また、話はずれてしまったが、
要するに、戦争に負けて物質主義になり、
「白人崇拝」の傾向に、日本人はあると
言いたかった。

九州(08) 017.jpg

しかし、「日本人が英会話を習うという時に、
外国人の先生がベストとは言い切れないよ」
というようなことに、つなげていきたいと
思い、長々と書いてしまったバッド(下向き矢印)

あしたこそは、英会話について
書きたいと思いますexclamation

また見てチョ〜ねわーい(嬉しい顔)exclamation×2


posted by hide at 00:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 外人コンプレックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

外人コンプレックス(2)

104-0451_IMG.JPG 

私は、愛知県三好町の住民exclamation
2005年の愛知万博の会場まで
ほんの車で、15分の距離exclamation

私は、厚かましくも、期間中フリーパス券を
購入し、22回も行ってしまった。
そして、外国パビリオンを中心にまわった。

その中で、特に印象に残っていることがある。
トルコ館のトルコ人の女性の方と、一時間ぐらい
語りあった事ダッシュ(走り出すさま)

私はその女性に
「外国人から見て、日本人に何が足らないと思うexclamation&question
と質問したバッド(下向き矢印)

そうしたら、その女性は
「日本人は、もっと自信を持ちなさいexclamation
経済も技術もすごいのに、なんでそんなに
卑屈なのexclamation&question一回くらい戦争に負けたくらいで
そんなの大したことないよ〜exclamation

画像 065.jpg

 まことに、ホレボレするような粋の良さexclamation×2
その女性は、結構若いのにかなりの日本exclamation×2パンチ
日本にも長年住んでいて、日本語もベラベラexclamation

 私は、実はニュージーランドに一年間、住んだ経験がある。
そこで、日本のことが大好きな外国人にけっこう
多いのには、おどろいた。
ニュージーランド人以外にも、タイ人、マレーシア人、
台湾人、インドネシア人、インド人、シンガポール人など、
けっこう、日本に対して好意的であった。

 日本人は、それほど卑屈にならなくてもいい。
むしろ、日本人が真の国際人になるには、日本の良いところを
熟知し、しっかりと日本人であることを自覚出来る人の
方が、人気が出ると思う。

身の回りに、日本の文化、風土の中で良いところは
いっぱいあるexclamation
また、我々の伝統的な思想の中にも、すばらしいもが
いっぱいあるexclamation
21世紀は、日本人的な考え方、生き方がとても
重要視されるような気がする、
今日この頃ですわーい(嬉しい顔)exclamation×2

103-0400_IMG.JPG

明日こそ、英会話について書くので

また見てチョ〜よわーい(嬉しい顔)exclamation×2




posted by hide at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 外人コンプレックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

外人コンプレックス

105-0534_IMG.JPG 

昨日、たまたま生の英会話のレッスンを
聞く機会があった。
 うちの嫁が知り合いの
レッスンを受けるというので、
冷やかしで半分、見に行った。
その先生は、日本人女性exclamation
小さなカフェで行っていたので、
隣の椅子に座りながら聞いていた。

 私も、実は英会話を多少なりともかじった事がある。
よく街で見かけるポスターも、TVコマーシャルでも
外人の先生が中心になって、やっているような
ところが多い。

 また、英会話スクールに通っている、大多数の生徒の話を
聞くと、外人の先生を好むみたいだ。
はたしで、それがベストなのかと、つくづく思う。

 日本人は、けっこうイメージに流されやすい。
それに根強い白人コンプレックスのようなものが
残念ながら、あると思う。
 白人であると、映画の影響なのかも知れないが
「無条件で優しいexclamation」というような
イメージがあるのではないだろうかexclamation&question

明治の開国以来、特に西洋諸国に対し、
多くを見習ってきた。
そのようなことが、もう100年以上も続いてきた。
日本人の潜在意識の中では、白人に対する
憧れのような、コンプレックスのようなものがあると思う。

それ以前の江戸時代には、中国に対して
そのような感情を強くもっていたようだexclamation

日本は世界から見れば、「東の果てexclamation×2
多くの珍しいものは、新技術が
外国から入ってきた。
それらを、日本人なりにアレンジして
習得することは、もう日本人の特技と言える。

105-0507_IMG.JPG

 江戸時代に日本に訪れたある外国人が
言っていたそうなバッド(下向き矢印)
「日本人は、メチャメチャ好奇心旺盛exclamation×2
そして勉強熱心で、器用でほとんどの人が文字を読めるexclamation
それだけ、外国から来るものに対して、
どん欲で、研究熱心exclamation器用にアレンジしながら
習得してしまうexclamation

 違う言い方をすれば、「変にゴーマンでプライドが
高くなく、柔軟性があるexclamation」ということが言える。
多くの国では、「自分らの国が最高だexclamation」と
思っている。なので、外国から来るものを軽視して、
受け付けようとしない。
 
しかし、日本はどうだろうか?
漢字がいいとなれば、文字として受けいれ、
また、日本なりにアレンジして、使いこなしてしまう。
また、さらに発展されてひらがな等を開発し、
広く庶民にまで普及させてしまった。

 また明治の頃、西洋技術がよいとなれば
すぐに、ちょんまげを切り、洋服を着こなす。
天皇までが、それを行ってしまう。

105-0527_IMG.JPG

なんて、柔軟な民族なんだろうかexclamation×2
何かを習得しようとするとき、「謙虚」であることが
一番大事なことである。
日本人は、自然と謙虚になれる。
それは、もう昔からの習慣で、身に付いた
事であるようだ。それが、日本人のひとつの
長所であると思うexclamation

 しかし、作家の山本七平氏がいうバッド(下向き矢印)
「宗教、もしくは根本的な考え方は
いくら外国から、いろんな宗教や哲学が入ってきても、
日本人は、かたくなに変わらない」
というexclamation×2
彼は、その日本人の無意識のうちにもっている
行動理念というか、そのようなものを
「日本教」と、表現していた。

 ちなみに、韓国ではキリスト教が入って
約半分の人がキリスト教徒になった。
日本は、ほんのわずかである。

「その辺の「日本教」については、
また、ゆっくりと書きたいと思う。
本当は、英会話について書きたかったが
話がズレてしまいました。
また、明日書きますexclamation

見てチョ〜よわーい(嬉しい顔)exclamation
 
 


posted by hide at 23:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 外人コンプレックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする