2017年11月04日

Before I die I want〜(死ぬ前にやりたいこと)キャンディー・チャン NHKスーパープレゼンテーションを見て。

こないだのNHKのEテレ、スーパープレゼンテーションが
とてもよかった。

ある人が言っていたが、「日本人って死者の国」と、、、

つまり、西洋とは違い、その思想・宗教観に、人生の無常観、
そして死を認識するようなモノがかなり内在されていると思う。

今回のスーパープレゼンテーションは、ニューオリンズに住む
アメリカ人女性で、親代わりのような身近な人の死により、
死について考えるようになったいう。

その女性は、30代か、40代ほどに見えるので、
まだ死が差し迫っているようには見えない。

しかし、ある法事でお坊さんが言っていたが、
「身近な人の死というのは、自分もやがて死ぬんだよ〜
ということを教えるためにおこること」

と、、、。

確かに、自分の死について考えるには、いい機会だと思う。

養老孟司が
「現代人は、死も、老も、病も、身近な生活空間から
排除している」

と、言うようなことを語っていた。

老後、介護施設で過ごすことが一般化しつつある。

今では、なかなか家で死ぬ人というのは、少なく
逆に家で誰かが死ぬと、何か事件性があるのではないかと、
警察に疑われるケースがあるぐらいだ。

うちのおばあさんは、おじいさんがなくなった後、
病気になって歩けなくなり、その後家で寝たきりの状態で
七年間過ごした後、家で亡くなった。

宗教心が厚く、優しかった祖母が、鬼のような顔をして
家族に怒鳴る、、、。

働き者の祖母にとって、寝たきりの状態で、
おむつを穿いたまま、ウンコ、おシッコと
共存して、何年も過ごすというのは、精神的にも
かなりつらかったのであろう。

逆に言えば、死んでいく哀れな姿を、身をもって
我々に教えてくれたような気がする。

話を戻すが、スーパープレゼンテーション講演したキャンディー・チャンは、
身近な人の死で、ある事に気が付いたとのこと。

人の死というモノは、言葉にするのは、タブー視されて入らうが、
死と向き合うこと、死を意識することにより、
人生がくっきりと見えてくる。


時間に限りがある。

その限りある時間を生きていると感じれば、
今の時間がとても大切に思えるのではなかろうか。

その限ら時間の中で、家族や友人たちと過ごす、、、。

その家族や友人たちも、死があり、いつまでも永遠に
私の身の周りに存在するわけではない。

諸行無常、、、。

これも、仏教用語であり、アメリカ人女性の言葉の数々から、
言葉を思い浮かべた。

自分がいずれ死ぬと認識すれば、心の皮下脂肪がかなりそぎ落とせるのでは、、、。

事業を成功させなくてはならない、、、。

みんなからうらやましがれる人生を送らなくてはならない、、、。

どこか、他人の目を気にし、自分を追いやっている人って
多いように思う。

天下人豊臣秀吉の辞世の句

「露とおち 露と消えにし わが身かな 難波のことも 夢のまた夢」

と、詠ってたった一人で、旅立っていかれた。

巨大な大阪城、金銀財宝に、たくさんの家臣、
栄華を極めた秀吉でも、晩年はボケて病気になり、
やせ細る体で死んでいく。

さすがの天下人でも、死は免れない。

残された時間を、この身体を、どう使い切るのか、、、。

その残された時間の中で、本当に素になってみて、やりたいこととは、
一体何なのか、、、。

よくよく考えてみる必要があるのでは、、、。

キャンディーが言うように、自分がいずれすべてを残して死ぬんだと認識すれば、
かなり自分の人生が見えてくるのではなかろうか、、、。

人生は有限であり、命には限りがある、、、。

自分が見え、周りが見えてくることにより、
新しい何かが生まれてくるのではなかろうか、、、。





posted by hide at 07:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

よっしゃ〜!!長野一区、しのはら孝氏当選!!

 最近の政治家にしては、めずらしく気骨のある政治家、
長野一区から無所属で立候補し、見事、当選!!

希望の党からも、公認要請があったが、
それを蹴ってまで、無所属で立候補。

多くの政治家が、なんのために政治家をやっているのか
分からない常態のような気がする。

今、テレビで流れている選挙結果を見ていても、
もし共産党が降りて、希望の党と立憲民主党が一緒になっていたら、
どれだけの候補者が当選したことか、、、。

ただ、アメリカに従属しているだけでは、
けっして日本の未来はない。

日本の政治家も、我々日本人も、
覚悟が問われていると思う。

しのはらさん、おめでとうございます!!


posted by hide at 22:42| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道11区の奇跡!!石川香織さん当選!!

やった、やった!!

北海道11区、なんと陸山会事件の石川知裕氏の妻である
石川香織氏(立民、33)当選!!

よかったね〜!!

とてもうれしい!!

石川さんの陸山会事件をつぶさに見ていて、
実際、こんなこともあるんだと、愕然とした、、、。

これが法治国家日本の実態なのか、、、。

でも、あれだけ叩かれて、周囲から自殺するのではないかとも
言われて、ほんとによく頑張ってこられた。

そんなどん底の石川知裕さんのところに、
お嫁に行かれる女性がいるとは、、、。

ほんと、拝みたくなるような心境であったことを
よく覚えている。

そして、今回の奥様の当選、、、。

人生、悪いときばかりではない。

必ず、石川夫婦に幸せが訪れること間違いない。




posted by hide at 22:12| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TPPは、決して消えていない、、、。巨大資本家たちは、けっして諦めることはない、、、。そんな中で朗報あり!!

 今は、総選挙真っ盛り、、、。

ふと、昨年秋のアメリカの大統領選挙のことを思い出した。

トランプ、ヒラリーと両候補TPPには、反対と言っていたが
はっきり言って、選挙資金をだれが出しているかを見れば、
その後どうなるか分かる。

ヒラリーがもし大統領になっていれば、
明らかにTPPを推進する方向に変わったであろう。

今さらTPPかよ〜と、思う人もいるだろうが、TPPは決して死んでいない。

また、TPPのルールをベースに、いろいろな外国との条約が
結ばれる可能性がまだまだ十分ある。

TPPって、多くの日本人が、「農業の問題だ」と思っている。

しかし、まったく違う。

農業など、TPP全体から見れば、ほんの一部だ。

それより、医療、保険、金融、特許、法律、行政などなど、
ありとあらゆることにかかわってくる。

はっきり言えば、究極の格差社会の固定であり、
国境を越えた巨大グローバル資本家たちの強烈な
搾取が始まる。

強烈な格差社会であり、我々の主権がなくなるに
等しい。

そして、いまだに、TPPは消えていないということ。

TPPが無くなってもTPPのルールをベースに、各国との条約が
結ばれようとしていること。

それを日本政府が率先してやっているということ。

保守とは、国を守り、伝統文化を守るということだと思ったが、
明らかに、日本を二束三文で、積極的に叩き売ろうとしている。

まったく理解に苦しむ、、、。

そんな中で、先日の中日新聞朝刊に、朗報があったので紹介したい。

NZ,9年ぶり政権交代

連立発表 TPP交渉に影響

【シドニー=共同】
ニュー地ランド議会の総選挙で第三党となり、連立政権成立の
カギを握るポピュリスト政党ニュージーランド・ファースト党の
ピーターズ党首(72)は19日、第二党の野党で中道左派の
労働党と連立を組むと発表した。
 これにより九年ぶりの政権交代が決まり、首相には労働党の
女性党首ジャシンダ・アーダン氏(37)が就任する。同党で
三人目の女性首相となる。
 労働党は環太平洋連携協定(TPP)見直しを主張し、ニュージーランド・
ファースト党もTPPに反対の立場。政権交代で、日本などが
早期発効を目指す交渉に影響する可能性がある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


posted by hide at 19:13| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

自分の「死」について、考えてみると、、、。

 先日のブログで、私の終活と余生について書いた。

まだ、50になったばかりの私が、終活なんて、
アホちゃうかと、思うかもしれない。

しかし、人生80年とするならば、すでに三分の二は終わっているのだし、
例えば小学校の一ヵ月と今の一ヵ月では、明らかに
体感時間が違う。

そのように思えば、50代などあっという間、、、。

60代などそれより、加速度がついて過ぎていく。

人生50年と言われた時代が続いたが、そう思えば
今後の30年間など、余生であり、その残された時間を
大事にしながら、目的をもって生きていきたい。

その目的について、誰であろうと死に向かって生きていくことになる。

死への恐怖だけでも大変なのに、老いて体が動かなくなり、
病気になって、多くの親しい人たちと別れ、
一人で死んでいかなくてはならない。

「死」、「老」、「病」、「別れ」、、、。

これら一つだけでも大変なのに、人生の最終盤に、それらが
一気に津波のように自分の身に襲い掛かる。

働き者であったうちの祖母、、、。

最後は、七年間寝たきりとなり、亡くなった。

歩けない現実、、、。

体が動かない、、、、。

そして、おむつをはかされ、ウンコ、おシッコと
共存する生活が続く。

あれだけ、温厚だった祖母が、鬼のような顔をして、
怒鳴り狂う。

それでも、うちの母は、そんな姑を
しっかりと看護した。

よくやったと、私も誇りに思う。

うちの伯父が、80代で梯子から落ち、足の骨を折った。

そして、入院中、ベットのサイドについている枠を
不意に落としてしまった。

その様子を見て、看護婦さんの態度が明らかに変わったという。

しばらく、この人は、ぼけたと思ったのか、
接し方が無表情になったという。

私も、むかしホテルの宴会部で働いていたが、
いくつもの結婚式に立ち会い、最初は感動し、できる限りの
ことをしてあげようと思った。

しかし、それが100回、200回と経験してくると、
日常化し、とにかく早く終わらせたいというような
我々スタッフの都合を優先するように、心が移っていく。

職業病なのかもしれないが、現実そうしないとやっていけない。

何年か前、うちのオヤジが腸の手術で入院した。

その手術がなんと失敗、、、。

切った腸がしっかりとつないでなくて、再手術、、、。

しばらく絶対安静の日々が続いた。

「完全看護なので、家族の方はお帰りになって
けっこうですよ」


と、病院側は言うが、それでも一人の看護婦さんが
何室もの病室を受け持つ。

そしてオヤジかなり認知症もすすんでいるし、絶対安静なので、
看護婦さんが言う完全看護というのは、手足をベットに縛りつけ、
身動きが取れない状態だ。

手術後二日ぐらいはよく寝れたが、その後、どうにも寝れないようだった。

オフクロが介護しようとしたが、オヤジはおふくろには
とても強く当たるので、やらせれない。

そこで、私が四日ほど徹夜して、介護した。

手足を縛られ、夜眠れないオヤジ、、、。

風呂も入っておらず、背中がかゆいらしく、
何度も何度も、大きな声で、縛ってある手足をほどけと
大きな声で怒鳴ってくる。

「真面目にコツコツやってきたのに、何でわしが
こんな目に合わなならんのじゃ〜」

というようなことを、大きな声で夜中叫ぶ。

「オヤジ、もう少しだ。絶対安静だもんで
しょうがない、もう少し我慢してくれ」

というようなことを繰り返すしかない。

実際、四日ほどで、その状態から解放された。

しかし、もしかしたら、認知症で、動き回ってしまったりする
患者さんもいるだろうし、このように手足を何日も
縛るケースがあるのではなかろうか、、、。

病院にしろ、介護施設にしろ、責任問題という現実がある。

あまりにも苦しむオヤジを見て、夜中看護婦さんに
「私が責任を持ちますので、どうか手だけでもほどいてやってください」
と、頼んだ。

私も徹夜四日目である。

こんなことが続けれるわけではない。

死に際して、おいて病気になるというのは、
何らかのこのような辛い現実が待っているということ。

我々の時代は、かなり老人の方が増えるし、
その扱いはどう考えても、雑になるのは、目に見えている。

話は、長くなってしまったが、人生の最終盤に
「老」、「病」、「死」、「別れ」というとても困難なことが、
一気に襲ってくるということ。

その時のための心構えというモノをしっかりと持たなくては
ならないし、それらをどのように自分が受け入れるのか、
よくよく考えなくてはならない。

死について、いろんなイメージがあると思う。

ある人が言っていたが
「死んだら、なんだか軽くなり、上空にある
大きな大きな光の中に溶け込んでいく」

と、、、。

これは、もちろん夢物語だろうが、しかし、
どんなイメージをもつか、そしてそれがもし
それで心が軽くなるのであれば、宗教的な
考えもありがたいように思える。

もし、死んだ後も、強い悲しみや、怒りをいだいていたら、
果たして体は軽くなるのだろうか、、、。

その念に縛られ、昇華することができず、
この世をさまようことになる。

これも夢物語であるが、そのようなイメージをいだくのは、
自由である。

つまり何が言いたいのかというと、死ぬまでに
心を軽くしとけということ。

それは煩悩をなるべく薄めること。

煩悩を薄めるといっても、そう簡単にできることではないので、
日々の日常生活の中で、訓練しておくこと。

そのことが、老後の老いて、病気になって、死んでいく身の上に
老いて、必ず大きな支えになるということ。

自分は、子供もいないし、誰も面倒を見てくれる人がいない。

希望としては、しっかりと両親を見送った後、妻も見送ってから
逝きたい。

特に孤独死でもいいと思う。

どこかで野垂れ死ぬというようなことでもいいと思う。

果たして、家族に囲まれて死んでいくというのは、
けっこういろんなしがらみの中で、亡くなるケースが多い。

病院や介護施設の都合もあるし、どのような死に方にしろ、
やはりかなり不自由で、不安や恐怖が伴うであろう。

それでは、今から、「終活」として、どのようなことをしておいた方が
よいのだろうか?

一言で言うなら、心を軽くする訓練を積むこと。

どのようなことが襲い掛かろうとも、その苦しみの
七割、八割が精神的な苦しみだと、誰かが言っていた。

心を軽くするというのは、自我を薄めること。

自分を忘れること。

その自我について、書くと長くなるので省略させていただくが、
自分という意識が強すぎれば、不安や恐怖で心が占領される。

それよりも、少しでも周りに意識を移すこと。

むしろ、自分のことより、家族のこと、周りのこと、社会のこと
など、そのようなことに意識を移す。

鈴木正三さんが、このようなことを言っていた。

「我が身を思う念(自己保身)」が分別(煩悩)の本質である」


私も働き盛りの50才なので、いろんなものを抱えながらしばらく生きなくては
ならない。

そんな中で、自我を薄める訓練を積んでおくと、
今後の人生において、必ず大きな財産になるし、
それが最大の終活になることは、間違いないように思う。


posted by hide at 07:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

私の「終活」、、、。

こないだテレビを見ていたら、タレントの長嶋一茂さんが
こんなことを言っていた

「私はもう残りの人生『余生』だと思ってますよ。
だって、むかしは人生50年だったでしょう。私も
もうすでに50を過ぎているので、後の残りの人生は
余生のようなもんですよ〜」

と、、。

最近のテレビ番組で、一茂さんは、数十億と言われる
父親の財産を放棄しているといっている。

「そういうので、もめたくないので。兄弟姉妹4人いるのですが、
すでに3等分だと言っています」

とのこと。

たしかに、残りの人生を余生と考えるのなら、
そのような遺産で自分自身が縛られることを放棄するというのは、
かなり心のぜい肉を落としているのではなかろうか。

私も一茂さんと同世代の50才だ。

人生の三分の二が終わってしまった。

しかし、本当に「三分の二」なのだろうか??

小学生の時に一ヵ月と、50代での一ヵ月を比べてみれば、
はるかに50代の方が短く感じる。

50代になったばかりとは言え、60になるまでの後10年なんて
あっという間だということは、目に見えている。

そうおもえば、体感時間で言えば、私の人生など
もう80%ぐらい過ぎていることになる。

あまり周りには、言えないが、私はすでに「終活」に入っている。

「終活」といっても、自分の葬式をどうのとか、
財産をどうのとか、そんな話ではなく、
一言で言うなら「死」に対しる心構えの問題だ。

お釈迦様でも、キリスト様でも、誰でも「死」というモノは、
訪れる。

「死」だけでなく、老いが伴い、病気になって、多くの親しい人と別れ、
一人で旅立たなくてはならない。

「死」だけでも、大変なのに、「老」、「病」、「別れ」と、
人生最大の困難が、一度に襲ってくる。

死んだら、どうなるのか?

それだけでも、恐怖であり、不安である。

病気になり、七年間の寝たきりの状態後、旅立ったうちの祖母、、、。

働き者であった祖母が、ある日突然、寝たきりとなり、
おむつの中で、ウンコ、おシッコと共存する生活が、
とても耐えられない様子だった。

あれだけ、穏健であった祖母が、鬼のような顔で、
怒鳴る姿を見て、やはり相当な心構えが必要だと
つくづく思った。

死の恐怖とどう向き合うか?

老いという情けなさをどう受け入れるか?

病気への不安?

親しかった家族や友人と別れなければならない悲しさ、、、。

こういうモノが、人生の最終盤で一気に襲ってくる。

それこそ、その人が人生をどのように過ごしてきたのか、
試されるようなことだと思う。

肉体的な辛さと、精神的な辛さとあるが、
どんなことでも、そのつらさの大半が精神的な辛さだと
誰かが言っていた。

例えば、明日嫌なお客さんに会わなければならないとする。

もう一週間も前から、そのことが頭から離れない。

そのお客さんと会うのは、ほんの1時間ほどだとすれば、
心の負担を抱え込んでいるのは、はるかにそのことに対する不安である。

恐怖、不安、寂しさ、悲しさ、そのような煩悩とどのように向き合うか?

どのように向き合う訓練を積んできたか?

それが、人生の最終盤に試されることになる。

そして、あまりにも強い例えば悲しみだとか、怒りだとかの
煩悩をもって亡くなったとするならば、魂が昇華できずに
その念がこの世をさまようことになるのでは、、、。

そのような「念」がこの世をさまよっているような気がする。

自分をどう忘れるか?

自我をどう薄めるか?

これには日ごろの訓練が必要であり、
日々の生活の中で、いろんなことを経験しながら、
積み上げていくしかない。

いつまでも、つまらない維持やプライドで、
自分を縛りつけるのか?

いつまで、世間の噂話の中だけで、生きようとするのか?

自分の人生の主人公は、自分自身であり、
心のぜい肉を落とせば、かなり視野が広がるような気がする。

人生の最終目標が「死への備え」というとかなり後ろ向きに
思われがちだが、しかし心のぜい肉が落ちてくると、
だんだんと自分を解放することになる。

そうなれば、かなり軽くなり、愉快な人生になるのでは、、、。

ラベル:終活
posted by hide at 07:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

「ダメな人は、すぐにすごい人と自分を比較したがある」と、、、。この言葉って、的を射ているのでは、、、。

 最近、仕事から家に帰ると、必ず愛犬パンチが
玄関で出迎えてくれる。

玄関から家に入り、所定の場所に、バック、メガネ、
財布、弁当箱など置くため、
家の中をまわるが、その時もパンチがついてくる。

そして、その日常の行事が終わり、振り返るとパンチがいるので
「コラ〜待てぇ〜パンチ」というとパンチが逃げていく.

そこから追っかけっこが始まる。
そして最終的にソファーの上で、パンチがつかまり、
体中をなぜくりまわして、遊んでやる。

そして、食事をした後、パンチとソファーの上で、
横になってテレビを見ている。

本来の犬というモノは、危険と隣り合わせなので、
すぐに行動できるように、うつぶせになって寝るものだが、
うちのパンチは、よくあお向けになって寝ている。

その姿を見ると、なんだかとても幸せな気分になる。

なんか、こんな日常のことであるが、
パンチといるととても幸せだな〜と感じる。

ふと思うが、以前は、私にはこのような幸せを
感じる「力」があっただろうか、とふと思う。

常に何らかの不安をかかえ、それがまた原動力となり、
人一倍、がんばってきたように思う。

しかし、最近、強く思うが幸せを感じれるのも「能力」だと思うし、
多くの人がたとえ恵まれている環境でも、幸福感を味わえていない
ような気がする。

確かに、若いころは不安などを原動力にして、
がむしゃらに頑張り続けることも必要だ。

しかし、いつまでもそのようにしているのもうまく言えないが、
逆にその人の人生をいろいろと阻害する場合があるように思う。

幸せを感じるということは、心にゆとりが持てる。

心にゆとりが持てれば、客観的に自分自身を見つめることができ、
周りがしっかりと見えてくる。

「『ゆとり』なんて、生活にいっぱいいっぱいで、
そんなんもてるのは、セレブぐらいじゃないの〜」
というような声が返ってきそうだが、モノの見方、考え方で
かなり変わってくるのではなかろうか。

「私は、みんなに尊敬されなければいけないんだ」
とか、

「こんな弱くてどうするんだ」
とか、

そのように強く思いすぎれば、自分を責め続けることになり、
恵まれているにも関わらず、狭い檻の中に閉じ込められている
状態になってしまう。

しかし、等身大の自分と向き合うって大事なことだ。

例えば、いつも切羽詰まっているような人に
人は集まるだろうか、、、。

それより、どこか心に余裕があり、人を和ます人にこそ
みんなが集まってくるように思う。

運も違ってくる。

切羽詰まっている人に、その目の前のチャンスが見えやしない。

切羽詰まっている人に、自分というモノが見えていない。

心にどこか余裕がなければ、見栄を張りたがる。

その張り子の虎の自分を自分だと思い込んでいる人って
けっこういるように思うが、そんなんで何かやろうとしても
なかなかうまくいくことは少ないように思う。

本当に強い人というのは、目の前のことを一生懸命やれる人。

小さな努力を積み上げれる人、、、。

そのようなことをある有名な登山家が言っていたが
その通りだと思う。

常に心がてんぱっている人には、自分自身のことなど
分からない。

どこか、心にゆとりがなくてはならないような気がする。

そうすれば客観的に自分が見え、今この一瞬が何をするべきか、
より正確に理解できるのではなかろうか、、、。

斎藤一人さんが
「ダメな人は、すごい人と比べようとする」
と、、、。

今日、このように手が動く、足が動く、息ができ、
食事も喉に通り、トイレで踏ん張ればしっかりと大きな
一本が出る。

多くの人が自身の健康に苦しんでいるし、
いずれはこの身体も病気になって老いていく。

そう思えば、ありがたいよな〜。

うちの両親、義理の両親、確かに体に悪いところはあるが
まだ健在である。

盆正月には、みんな集まり、ワイワイやれる。

これってありがたいことだよな〜。

オヤジの昔の話を聞けば、そのほとんどが
食べものの話、、、。

スーパーに行けば、溢れかえる食糧、、、。

外食ができ、少しお金を払えば、食べ放題も可能だ。

果たして、これって多くの人が飢餓に苦しんでいる中で、
本当に当たり前なのか、、、。

また、時代的に言ってもこれほど飽食の時代はないし、
今目の前に、何か食べものがあるというのは、
ありがたいことではないのだろうか、、、。

不安探しに明け暮れているよりも、
自分の幸せ探しに一生懸命になっている方が、
明らかに見えるものが違ってくる。

安全で、電気、ガス、水道が完備され、電車に高速道路もあり、
これだけ社会インフラが整備された国って、そうそうないように思う。

女性が一人で夜歩ける、自動販売機が壊されずに設置できる。
これも幸せなことだ。

そう思えば、この日本に生まれたことだけで
かなり幸運なような気がする。

常に、幸福探しをした方のが、必ず運も開けてくるような気がしてならない。

上を見ればきりがないし、着実に言えることは、
上へ行けば行くほど、競争が激しくなり、修羅の心を待たなくては
生きていけなくなる。

それでも、そのような世界で生きていかなくてはならない人も
いるだろうが、生存競争に明け暮れ、なぜここにいるのかという
目的意識をしっかりと持っていないと、自分を見失ってしまう。

常に、自分を点検しなおす、それぐらいの余裕を持てるように
なると、さらに人生がより良いモノになるのでは、、、。







posted by hide at 07:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

「思考力」を鍛えるには、、、。好奇心と自主性について。

先日、うちの会社である試作で、セラミックスのボールを
手作りで作ることになった。

こういうの一番得意なのが、94歳になるうちの会社の会長さん。

会長が言うには、
「わしはそうだな〜、10代のころが一番器用だったかな〜」
と、、、。

会長は、もう少し年の若い小学校の頃か、1メートルもの蒸気船をつくり、
蒸気機関は、どこかから手に入れて乗せ、石炭の変わりに
アルコールで走らせたという。

とにかく、昔は飛行機の設計をしていたらしく、
やたら機械類には詳しい。

そんな会長がポツンと言ったことは、
「やっぱり小さいときに、思考力を鍛えることだな〜」
と、、、。

思考力を鍛えるには、やはりいろんなことをやってみるということだ。

いろんな事と言っても、ただ与えられることだけをこなしていてはだめだ。

一番大事なのは、自主的にやってみること。

小学校の六年生のときに、
理科の授業を、当時教頭のI先生が受け持った。

今では、とても信じられないのだが、
I先生が一番最初の授業のときに、
「それでは教科書を閉じてください。
私の授業では一切教科書を使いません」
と、言われた。

何のことかさっぱり分からなかったが、I先生は
「身の回りのことで、何か疑問に思っていることは
ありませんか??それを一つ一つ解決していきましょう〜」

というようなことをおっしゃった。

いろんな意見が生徒側から出され、それを一つ一つ解決することを
一年間の授業でやることになった。

私もよくつりに行く近所の池のことについて、話した。

「近所の池に、フナぐらいの魚の集団が、いくつもかあり、
その集団の中に必ず一匹だけ、赤い魚がいる。なぜでしょうか?」
と、、、。

そのことも授業でやり、それを見にみんなで調査しに行くことになった。

「それまで、あなたはその池の魚を観察し続けてください」
と言われ、よく見に行った。

その後、I先生に合うたびに
「魚の様子は、どうだ」と、聞かれる。

それも、なんだか励みになり、熱心に魚の観察を続けた。

しかし、観察を続けるにしたがって、
赤い魚がけっして、集団の中に一匹だけではないことが分かった。

あるときは、ひとつの集団に三匹かたまっていたり、
まったくない集団もいる。

つまり、だいたい集団の数ぐらい、赤い魚がいて
それが全体として一匹だけ集団にいるように見えたようだ。

結局、みんなでその池を見に行く前に、問題が解決してしまい、
その行事は中止になった。

I先生は、「よく観察を続けてくれたね〜」とほめてくれた。

教科書を使わない授業と言っても、結局、あとで教科書をのぞいてみると、
その七割ほどは、魚の解剖など、教科書でやる内容であった。

つまり、上手く先生に乗せられたのかもしれないし、
それでも、なるべく子どもの好奇心を大事に自主性を
引き出すことが、やはり思考力を鍛えることにつながる
ような気がする。

また、小学校の低学年のときの音楽会で、こんなことがあった。

その音楽会は、全校の生徒、先生、そして父兄の前で、
各クラス単位で、発表する。

そして、小学校の低学年なので、どうしてもハーモニカが
上手くふけない子が二、三人いた。

そのふけない子のハーモニカの音が出るところに、
当時の担任の先生がセロハンテープを張り、その子たちの
ハーモニカの音が出ないようにしてしまった。

未だに、なぜ先生があのようなことをしたのだろうか?

みんなでいい成績をとって、達成感を味あわせたかたのか?
それとも、父兄のまで、上手く出来ないことに対して
体裁が悪かったのか、、、。

わたしなら、小学校の低学年であり、下手で当たり前。

そのような子にも思いっきりふかせる。

達成感と言っても、果たして、その子たちの気持ちは、、、。

周りにその様子を見ていた子どもたちは、どのように思うのか、、、。

そのことを考えると、あまりいい感じはしない。

それに、果たして、成功した経験と、悔しかった経験、
もしくは失敗した経験とどちらが後々考えれば、
人生にとっていいのか、、、。

もし、あの時、あの悔しい思いがなければ、、、。

そんなことって、いくらでもある。

大人の体裁のために、子ども型にはめ込むというのは、
思考力を鍛えるという意味で、どうなのかとも思う。

それに、仕事上のことで、会社が潰れるか、どうかのことではない。

たかだかって言ったら失礼かもしれないが、
小学校の音楽会の話しだ。

成功して、みんなで達成感を味わうのもいい経験かもしれないし、
あまり上手くいかなくて、悔しい思いをするのも、
それ以上にいい経験になるのでは、、、。

成功の経験も、失敗の経験も、神様がその人にベストのときに、
必要なモノを与えてくださる。

そんなことをある人が言っていた、、、。

子どもって、私ら大人よりも、はるかに感受性が強いと思う。

小学校のときの関西出身の少年野球の監督さんに、
監督さんの実家に泊めさせてもらい甲子園の高校野球を
身につれてってもらったことがある。

私は小学校六年生で、同級生三人と行ったのだが、
とにかく新幹線に乗るのも初めて、大阪、神戸の都会に
いくのも初めて、農村以外のところで泊まるも初めて、
何から何まで、初めて尽くしで、小学生にとっては
とてもいい刺激になった。

例えば、今の齢になって、初めて大阪に行ったとする。

果たして、感動はあるだろうかといえば、いろんな街を
見た経験があるので、それほど驚かないのでは、、、。

小学生のときに経験したこと、そしてその後、今の自分まで
40年という時間があること、これらをことから
やはり感受性の強いその時期に、そのことを経験したことは、
よいことだったと思う。

私も自分の身の回りの子供たちに、なるべくそのような
ガツーンとくるような経験をさせたいと、機会をうかがっているが、
そのことで何らかの変化を起こすとは限らない。

むしろ、何かいい刺激になることの方がはるかに少ないのかもしれない。

しかし、だめでもともと。

できる限りのチャンスをものにできるようにすればいいような気がする。

私も、いろんな大人にお世話になって今がある。

それに、具体的に言えば、年金制度を通じて
われわれは若い世代にお世話にならなくてはならない。

エネルギーもない、食糧自給率も乏しい日本が、
ある意味マンパワーだけで、ここまでこれた。

周りを見ていると、与えられることに慣れすぎて
しまった人が多いように思う。

もう少し、こんなこんな考えができるのでは、、、。
もう少し、思考力が働ければ、、、。

それには、やはり訓練が必要であろうし、
やはり会長が言うように、なるべく若い頃に
思考力を鍛える必要があるように思う。

posted by hide at 16:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

北海道11区が面白い!! あの陸山会事件、石川知裕氏の奥さん石川香織さん立候補!!

今日、新聞の朝刊に全国の各政党の候補者が載っていた。

注目は、北海道11区!!

あの陸山会事件の石川知裕さんの奥さんがである
石川香織さんが立候補することになった!!

うれしいね〜!!

ホント、うれしい限りだ!!

あの陸山会事件で、石川さんは本当に国家権力に対して
立派に戦われた。

当時の石川さんは、陸山会事件により、衆議院議員をやめ、
裁判では敗北、、、。

マスコミにも散々たたかれてきた人だった。

そんな当時の石川さんと結婚なさった香織さん、、、。

本当に、ありがたい限りだ。

石川さんの勇気、私の胸に強く刻まれているし、
多くの司法、検察の在り方、そして日本を支配している人たちの
存在などなど、いろんなことが多くの国民に知らしめられた
事件だったと思う。

民主党政権交代のリスク、、、。

石川さんは、小沢さんの住み込み秘書であり、
ベビーフェイスで、落ちやすいと思われてねらわれたの
かもしれない。

しかし、根はしっかりとした信念の持ち主で、
あの著書である「悪党小沢一郎に仕えて」なんてとても面白かった。

まだ、石川さんは立候補できないのかもしれないが、
奥さんも芯の強い人のようだし、是非とも石川夫婦に
幸せが訪れることを願ってやまない。




posted by hide at 07:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

大正生まれの男たちとは、、、。その偉業は計り知れない。

先日、あの「永遠のゼロ」や「海賊と呼ばれた男」の著者、
百田尚樹氏の講演会に参加した。

百田直樹氏というと、なかなか過激な発言をすることで有名だが、
「永遠のゼロ」や「海賊と呼ばれた男」は、とても名作だと思う。

そのあたりの話をじっくり聞きたいと思い、講演会に参加した。

最初は、安保や改憲の話。

私も安保も重要なことであるし、改憲も決して反対ではない。

しかし、その方法論が、若干、百田氏とは違う。

百田氏も言っていたが、右も左も、結局は目指す目的は同じ。

日本をより良くしようという気持ちは、変わらない。

まあその話をすれば長くなるので、今日は、その公演の中で、
一番心に響いた話を紹介したい。

それは、大正生まれの世代についてだ。

この世代というのは、非常に苦労した人たちであり、
また、今の豊かなこの日本を造り上げた人々だ。

日中戦争、第二次世界大戦と、大正生まれの人々の青春時代というのは、
まさに戦争そのものだ。

大正時代に生まれた男性というのは、約1300万人いるとのこと。

そのうち、200万人を超える人が戦死されたという。

だいたい、6人に一人の割合だ。

さらに、それが大正時代後期に生まれた人で計算してみると、
もっと比率が高くなる。

さらに、もっと年代を選別してみると、
例えば、うちの会社の会長は、大正12年生まれ。

終戦を22歳で迎えた。

会長の同級生の約半数が、戦死しているとのこと。

確かにそうだろうと思う。

知覧の特攻会館に行っても、戦死者の歳を見ると、
だいたい20前後、、、。

兵卒として、最前線で戦争に参加した世代だ。

さらに、百田氏は語るが、永遠のゼロで描いた特攻隊員と
戦争から帰ってきて、奇跡のように日本を復興させた
海賊と呼ばれた男に描かれている若者たちは、同世代であり、
この大正生まれの人たちが主軸だ。

例えば、海賊と呼ばれた男の中で、元海軍の石油貯蔵地下タンクに
入り、バケツで石油をくみ上げた若者たちは、まさに
戦争の生き残り、、、。

この人たちの頑張りがあったからこそ、今の日本の豊かな生活がある。

公演の中で百田氏が語っていたが、例えば今の若い人が
こんなことを言うという。

「我々は、就職してから、高度経済成長もなく、
バブルも味わっていない。まさに不幸の世代だ」
と、、、。

しかし、どうだろうか?

バルブをひねれば、きれいな水道の水が飲める。

ガソリンスタンドが各地にあり、たいていの人が車に乗れる。

農地も整備され、高速道路、ダム、発電所などなど、
世界を見渡しても、これほどきめ細かに社会インフラが整備された
国というのは、それほどない。

これって決して当たり前のことでない。

戦争で生き残り、必死に日本を再生させた
大正時代の人たちの造り上げた基盤の上で私たちはこのような豊かな
生活を送っている。

例えば、うちの会社でも、韓国で終戦を迎え、帰国した
うちの会社の会長が立ち上げた。

ロボットやいろんな機械等、確かに古くなってきているが、
どれもこれも、もしこれらの設備がなければ、今の会社は成り立たない。

会長が死に物狂いでやってきた土台の上で、
今、我々が飯が食えている。

会長の世代の人に、
「同級生の多くの人が戦死し、戦争から帰ってきて、
どのような思いが強かったのですか?」

と聞いても、なかなか照れてなのか、答えてくれない。

もし、会長のように、自分が運よく生き残り、多くの同級生たちが
戦地で亡くなられたとしたら、どのように生きようとするのだろうか?

「彼らは、洗脳されていたんだ」という言葉で片付けるには、
あまりにも思慮が狭すぎる。

そして、戦争から帰ってこれば、価値観も大きく変わってしまい、
戦争に行った人は、軍国主義者のように非難される時代となった。

そんな中で、必死に日本再建に取り組んだ大正時代の人々、、、。

本当に、頭が下がる。

戦争体験者に、私が必ず聞くことは
「自分の死についてどう思いましたか?
死ぬのが怖くなかったですか?」
と聞くと、

ある老人は、こんなことを語ってくださった。
「自分の死とか、そんなこと言っている場合ではなかった。
それよりも自分の世代で何とかしなくては、、、という思いが
強かった。みんなそうじゃったよ」
と、、、。

自分の世代で、、、、。

確かに、一番体力的に体が動き、最前線で戦える世代だ。

自分のことなど、かまっていられない。

自分の祖国を、故郷の難局を何とかしなくてはならないと、、、。

うちの会長が言うには、
「みんな天皇陛下ばんざ〜いなんて言って、死んでいったわけではない。
ほとんど人が、『おっかさ〜ん』と、叫んで死んでいったよ」
と、、、。

日本というより、故郷、そしてイメージとしてその故郷の中心的な
存在である自分の母親、、、。

これって、多くの人が持てる感情のような気がする。

私たちは、多くの先人たちの血のにじむような努力のおかげで、
今の生活があるということ。

そして、今我々が次の世代に何を残すのか?

一人一人が、よくよく考える必要があるのでは、、、。

posted by hide at 07:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする